人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2018年のおわりに

c0158301_18251924.jpg
例年よりスムーズに大掃除おえてひと息、2018年もこれでおしまい。
タイ、ベトナム、トルコ、ルーマニア、ギリシャとめまぐるしく動いた2018年のスタートから
それぞれの旅で学んだことを、衣服製作〜イベント企画などに少しづつでも消化できたかなと思います。

音楽活動の方は技術的には到底未熟にも関わらず、こうして定期的に演奏できているのは
やはりめずらしい楽器をやっているという点に依存している面が多いと感じます。
それにもかかわらず、共演者の方々、会場でお世話になった方々、お客様として足を運んでくれたみなさまに深く頭が下がる思いです。

衣服の仕事を始めた時も、そうでしたが
思いったら即行動、何事も見切り発車でいつも失敗しながら 学びを重ねて学び、今まで続けてこれました。
みなさまに成長させてもらっているという思いをいつも忘れないで、これからもいろいろな活動に向き合っていけたらと思います。

写真は雑種犬のチャコ5歳になります




by swaraj | 2018-12-31 17:51 | 日記 | Comments(0)

イラン料理ワークショップに参加

c0158301_17012710.jpg
1/9イラン料理WSに参加することになり、ついでに楽器も持っていきます。
講師のナヒードさんはシンガーでもあり 3/9のイベント(スークと東地中海の音楽と踊り)でも共演するので、料理を囲んで少しセッションもすると思います。 私の楽器はパキスタンのラバーブという楽器なのですが、パキスタン北西部はペルシャ語圏でもあるので、イランと共通の民謡もあるみたい、ペルシャ文化圏は中東〜中央アジアに広く分布しているのですね。  奈良の正倉院にも古代ペルシャの宝物が今でも安置されているので、日本とも遥か昔からシルクロードでつながっていたはずです。  まだ残席あるようなので、ご興味のある方ぜひぜひご参加ください。


by swaraj | 2018-12-30 17:12 | 日記 | Comments(0)

バルカンのチュニック

c0158301_11123340.jpg
春にバルカンテキスタイルというトークイベントに参加することになりそうなので
作家の山本あまよかしむさんから頂いた、100年前のブルガリアヘンプのチュニックから着想を得て、新作の試作をしてます。

c0158301_12020778.jpg
ところで、バルカン半島ってどこなの? はいそれは左はイタリアのアドリア海、右はトルコ、エーゲ海と黒海に囲まれた地域、
ルーマニアをバルカンに入れるかは意見が分かれそうですが、ドナウ川以南の地域だとするとルーマニアの一部も入っていることになります。
あとはブルガリア、ギリシャ、昔のユーゴスラビア(マケドニア、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア、コソボなどなど)

時代によって国名などが変わりややこしいのですが、この東欧バルカン諸国は、コンステンテイノープル(イスタンブル)陥落の前から約500年!
のながーい間オスマン帝国の支配を受けてきたので、衣服や、食、音楽に至るまで、オリエンタルな要素が色濃く、スワラジ工房のターキッシュコーヒーや中東の旅スイーツ、バルカン半島に伝わる曲の演奏なども交えた企画になりそうです。 また企画の概要が決まりましたらお知らせします。
            
         

         

by swaraj | 2018-12-28 11:37 | 衣服 | Comments(0)

ハルシャ(モロッコセモリナブレッド)



c0158301_10554754.jpg
このところ来客やイベント多いので、久しぶりにモロッコ北部のセモリナブレッド、
ハルシャを作りました。 ハルシャはマラケシュのような中央モロッコや南部ではあまりないのですが、
古都フェズ以北でストリートフードとして親しまれています。 
粗挽きのセモリナ粉のガリガリ、サクサクした食感と
ともに、ミントテイーでいただきます。 食事というより、軽食なので
クリームチーズや蜂蜜、ジャムなどを挟むことが多いのです。
c0158301_11103374.jpg
スワラジ工房のひつじ布のオーダーをしているモロッコ北部、中世アンダルスの面影を残す街
ストリートに面した、夫婦で営むとてもちいさなお店、メニューはハルシャとムセンメン(パイ生地のチャパテイ)のみ
こんなお店がモロッコ北部の街角のいたるところにあります。
c0158301_11103659.jpg
鉄板いっぱいの巨大なハルシャ、こんなデカいのをどうやってひっくり返すのか!?
次回、動画で私が実演して説明しますね
c0158301_11103048.jpg
これは、バターを練り込むムセンメン(パイ生地のチャパテイ)を作っているところ
おかみさんの笑顔にシンプルな暮らしの豊かさがにじみ出ておりました。 

2018年はいろいろなイベントで、こうして旅で学んだちょっとしたスイーツを
提供する機会が多かったので
2019年も現地の暮らしやものづくりのレポートとともに、こうした旅スイーツを作っていこうと思います







by swaraj | 2018-12-25 11:23 | 日記 | Comments(0)

ヤルダーの夜の音楽会終わりました

c0158301_12290563.jpg
冬至を祝うペルシャの行事、ヤルダーにあわせて、スワラジ工房のショウルームでちいさな演奏会
ケメンチェ、ヴァイオリンの脇田さんと、アラビアウードの矢島さんと共演しました。
土壁と無垢の材木の空間は、石造りやタイル張りのように反響しないのですが、やはり
音量は小さくても、豊かな音質を含む楽器にはとてもあっているようです。
ラウトとウード、見た目は似ているのですが、奏法や音質の異なる弾く弦楽器の上にこする弦楽器の
組み合わせはバランスがいいみたい。ウードソロもじっくり聴くことができてよかったです。
矢島さんはウード一筋、10年の名手。
時間をかけて訓練して、しっかり仕上がってから演奏に臨む姿勢、素晴らしいです。
次のスワラジ工房ライブは2月3日。矢島さんのお師匠さま、今井ドラゴン龍一さんをお招きします。
すでに、残席2ー3席ですなので、ご希望の方はお早めにFBページよりご予約ください。
c0158301_12290824.jpg
当日焼き上げましたフィンランド星型パイとトルココーヒー、異色の組み合わせ
複数の方に、一度にトルココーヒーお出しするのに、手間取ってしまった。
これを学びに、次回がんばります。
コーヒー淹れたり、演奏したりあわただしかったので
写真はカフェバグダットの久保さんによるものを拝借しました。




by swaraj | 2018-12-23 12:40 | 音楽制作 | Comments(0)

 ヨウルトルットウたくさん焼きます

c0158301_16592186.jpg
週末はイベントや来客が多いから、フィンランドの星型パイ、ヨウルトルットウたくさん焼きます
それにしても今年はしごとでもスイーツオーダーいただき、たくさん作ったので
大分手慣れてきました。 来年はどんな旅スイーツできるかな。 


by swaraj | 2018-12-21 17:02 | 日記 | Comments(0)

パキスタンビザ

c0158301_15315591.jpg
c0158301_18534104.jpg

10年パスポートの更新とパキスタンビザ申請のためにめったに行かない麻布ー恵比寿周辺をテクテク、
かなり昔の教会を発見、子供のころ古いプロテスタントの教会に通っていましたが、
こんなに重厚な石造りではなかった。 木製のドアの佇まいがすばらしい。
少々壊れても、自分で修復できそうな無垢の木材が好きです。
c0158301_15315505.jpg
大使館や高層マンションの立ち並ぶ中にこの辺り、古い集落なのか、戦前木造住宅らしき建物もちらほら、
それにしても、西荻吉祥寺エリアと違ってなんというか、格差がすごいなー
c0158301_15315695.jpg
おお、これは立派なモダン建築、窓のデザインも植物の配置もオシャレ、
それもそのはず、ヨーロッパユニオンの建造物。 どんなに大国でも一国の大使館にこれは無理でしょう
c0158301_15315767.jpg
特に、ショボい建物じゃないのに隣のEU館から比べると随分と質素なこちらパキスタン大使館、
すみませーんと入ると、受付もかなりぶっきらぼうで労働意欲というものが感じられないなあ
不機嫌そうな日本人女性事務員に書類を提出、ビザ代はなんと100円。 
明日パスポートにビザハンコ押して郵送してくれるみたいです。
私の調べたところによると、大使館内というのは大使館設置国の領土と言っても過言ではなく、
その国の法律が適応されるらしい。日本なんだから、もう少しシャキシャキ応対してよー、と期待しても仕方ないのかなあ。
c0158301_15492348.jpeg
帰路は恵比寿までテクテク歩き、ファラフェルブラザーズなる菜食のお店で私の兄と合流、
ファラフェルとは私もたまーに作りますひよこ豆のコロッケのようなものと野菜をピタパンに挟んだもの
これにゴマレモンソース(タヒニ)をかけていただく中東アラビアのファーストフード
モグモグモグ、これはサッパリ、スパイスもほんのり香りいい感じ。







by swaraj | 2018-12-20 15:55 | 日記 | Comments(0)

スークと東地中海の音楽と踊り

c0158301_16405601.jpg
少し先になりますが3月9日(土)溝の口フィオーレの森のメゾン・ド・リラ2階で、スパイシーマルシェ
スークの開催とベリーダンサーのヤスミンさんと音楽イベント「スークと東地中海の音楽と踊り」
を開催することになりました。ケメンチェ、ヴァイオリンの脇田さん、パーカッションの久田さんに、
スペシャルゲストのペルシャの歌ナヒードさんを
お迎えしての賑やかなイベント、今からとても楽しみです。  



by swaraj | 2018-12-18 16:47 | 音楽制作 | Comments(0)

冬の夜のライブ

c0158301_10444168.jpeg
門前仲町chaabeeさんでのライブ、無事終わりました。 スワラジ工房の衣服を着て演奏していただいた
ヴァイオリン、ケメンチェの脇田さん、ペルシャ打楽器のレオさんの若くて才能溢れる
お二人、 ギャラリーchaabeeのみなさま、寒い中おいでいただいたお客さまに深く感謝します。
会場に向かう途中、皇居周辺で久しぶりに流れ星を目撃! 
帰路の寒空に浮かぶ美しい月、光り輝くオリオン座
もろもろ、こころに残る夜になりました。     photo by Akira Shiba
 



by swaraj | 2018-12-16 10:52 | 音楽制作 | Comments(0)

モロッコひつじのパコール

c0158301_09410526.jpg

モロッコひつじ布でパコール帽子作りました。 今日の展示会場でライブ会場の門前仲町chaabeeさんに持参します。


by swaraj | 2018-12-15 09:40 | Comments(0)