人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

旅ごはん料理教室

スワラジの旅ごはん 料理教室することになりました、 旅のお話交えながら楽しい時間になればと思います

by swaraj | 2018-03-31 17:18 | Comments(0)

ルーマニアヘンプの新作コート

c0158301_14060858.jpg

c0158301_14061179.jpg

Romanian hemp meats Vietnamese hemp in Japan!

西荻窪Nハーベストでの展示搬入前になんとか間に合いました

新作のルーマニア🇷🇴ヘンプの春コート

袖口などや見返しはベトナム黒モン族の手うみヘンプ布、

手うみ手織りヘンプの風合いに劣らないルーマニアヘンプの質感です。


by swaraj | 2018-03-27 14:05 | Comments(0)

里山でのイベントおえて

c0158301_08243712.jpg

里山のふもとでおかげさまで今年も寺田本家オクラフェスタすばらしい時間を過ごせました。美しい季節にすばらしい仲間と過ごせたことに感謝しつつ、今日から西荻窪Nハーベストの展示はじまります。


by swaraj | 2018-03-27 08:24 | Comments(0)

ルーマニアヘンプ製品づくり

c0158301_10562891.jpg

来週からの西荻窪エヌハーベストでの展示に合わせて旅から持ち帰ったルーマニアヘンプ布での製品づくり開始、アイロンかけるとモルドヴィア地方の風景が浮かびあがる、日本で入手可能なヨーロッパヘンプといわれる布、そのほとんどは中国産ヘンプをヨーロッパの会社を通じて糸になり、糸を国内の工場が輸入している。
つまり織りのみ国産であとの産地、工程は追跡が難しい状況なのです。 ルーマニアのものは栽培から布まで一貫していて、品質も草の繊維の風合いに趣きが感じられます。
by swaraj | 2018-03-21 10:56 | Comments(0)

ショレザレド

c0158301_12421978.jpg

c0158301_12421971.jpg

帰国してしばらく体調を崩していて、いろいろ仕事が遅くなりすみませんでした。 本職は服飾なのですが、旅で学んだ料理もこれからのイベントでからめていければと思います。
イランのバラとカルダモンの香るサフランライスプディング(ショレザレドを試作しました。
トルコのストラッチ(ミルクライスプディング)の作り方と融合させることで食べやすくしました。
今月末の西荻窪エヌハーベスト展示に向けてがんばります。
by swaraj | 2018-03-19 12:41 | Comments(0)

イスタンブルの下町に戻る

c0158301_02310941.jpg

c0158301_02314934.jpg

短いクレタ島での滞在からイスタンブルに帰り、いろいろ荷物をまとめて明日の夜便で帰国します。

私の愛用している楽器、リラやウドはトルコにもギリシャにも共通している。 それもそのはず2つの国は今ではキリスト教とイスラーム教の国として分かれていますが、100年前まで、古代ギリシャ時代からオスマン時代を含めてながーい間ひとつの国だったのですから。


2つの国の間には分断以来、キプロス島の帰属問題など含めて現在でも領土において深刻な問題が続いていますが、音楽や楽器たちは異なる文化がゆたかに融合して生まれてきたので

私は演奏や衣服の仕事などを通じて、みなさんにもいろいろ感じて考えていただける機会が持てるような場づくりを続けていければと思います。

c0158301_02475180.jpg

トルコから西はヨーロッパ世界 つまりコーヒー文化圏になってしまう

イスタンブルが落ち着くのはお茶文化圏だからかな あまいあまーいライスプディングとともに

c0158301_02501250.jpg
安宿のある金角湾周辺は下町エリア
トルコのおふくろの味白インゲンの煮込みをピラウにかけて地元のおじさんたちとともにいただきます 



by swaraj | 2018-03-12 02:30 | Comments(0)

ペトラキスさんの工房を再訪

夕方から共鳴弦クレタンリラなどクレタ島に伝わる楽器の製作者でもあり、すばらしい演奏家でもあるペトラキスさんの工房を訪ね、クレタ音楽のレッスンを受けることができました。

クレタの音楽はギリシャ本土とも異なり、独自のとても興味深い発展をしているので、日本のみなさんにも、もっと認知されるようになれば嬉しいです。

https://youtu.be/l_sv3s81Kr0

c0158301_07014375.jpg

c0158301_07020191.jpg


by swaraj | 2018-03-10 07:01 | Comments(0)

レンベーチコを習う

c0158301_23322107.jpg

c0158301_23323001.jpg

c0158301_23324138.jpg

イスタンブルから格安航空で短い間ですが、またクレタ島に来てしまった。 ストリートでレンベーチコというギリシャ民謡のおじさんと知り合いになりクラシックケメンチェですがいろいろ民謡を教わってます。

古典も民謡もそうですが、エーゲ海、地中海、黒海も1つの海なのでトルコ、ギリシャの国境を越えて愛されている曲が多いのはすばらしいなと思います。


by swaraj | 2018-03-09 23:31 | Comments(0)

クラシックケメンチェの講習を受ける

c0158301_16060774.jpg

イスタンブル滞在の目的はこちらの伝統楽器クラシックケメンチェの基本的な技術の講習を受けるため、ヴァイオリンよりも短い長さでピアノの鍵盤にはない微分音も含むオスマン古典楽曲とともに楽器の調整なども学んでおります。

ギリシャでもこの楽器はポリテイキリラと呼ばれコンスタンテイノープル時代から続く楽器として演奏されています。

トルコではガット(ひつじの腸)をつかい、ギリシャではヨーロッパの合理主義の影響かチェロの金属弦をつかうのが主流のようです。

ガット弦のほうが奏法の難易度は高いのですが、ぬくもりと深みがあるので時間をかけて学んでいけたらと思います。


by swaraj | 2018-03-07 16:05 | Comments(0)

シリアのご縁

c0158301_03402080.jpg

イスタンブルでは知人の紹介でシリアの紛争地域に残された人々を支援する団体を訪ねた。 JICAが支援した縫製工場があるのに紛争が続き物資が滞り工場の稼働どころか、食料医療費の供給もままならない状況が続いていると聞きます。 

以前からシリアやイエメンの状況は気になっていましたが、こうして直接支援団体を訪ねることができたので4月21日、22日のアースデイ東京でのスワラジ工房出店の売り上げの一部をこの団体のための寄付金にまわしたいと思います。


by swaraj | 2018-03-07 03:39 | Comments(0)