人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

パターンと楽譜

c0158301_13103573.jpg

ただいま、ラオスの縫製工場へ持参する新作のパターンの写しをやっております
同時進行で夜な夜な続けているのが、音楽の譜面
衣服と音楽の違いこそあれ双方ともに、設計図であるという点では同じようなものなのかな
手書きというものは、その時のこころの動きに応じて常に変化していく気がするので
どちらの作業もこころを平らに続けていきたい。
by swaraj | 2013-01-11 13:17 | 日記 | Comments(0)

大麻の頭陀袋

c0158301_14158.jpg

こちらも昨年から準備をすすめていた大麻の頭陀袋のサンプル、
暮らしのなかで何ヶ月か使ってみて重いものをいれたときに肩にかかる負担をなくすべくベルトをやや太めにしてお財布、携帯電話などを入れる内ポケットを3つほどつけました。

頭陀袋のズダとはサンスクリット語のDhouta(払い落とす、棄てる)という意味、
煩悩を払い落として托鉢にまわる仏教僧が使っていたのがはじまりらしいので
断捨離という言葉をしばしば耳にする現代の時代精神にもかなうような簡素で実用を重視したバックにしあがりました。

こちらの生地は北タイのカレン族の村に大麻の糸を昨年持参して本藍と黒檀の実で染めて縞模様に織り上げた生地をつかいましたがほかにも少しばかり腰機織の特性を生かしたデザインを作っていきたい。
by swaraj | 2013-01-10 14:17 | 衣服 | Comments(0)

大麻のワークジャケット

c0158301_1175696.jpg

2月のラオス行きにあわせて昨年の10月くらいから準備してきた大麻のワークジャケットのサンプルが仕上がってきましたので、暮らしの中で使ってみて改良の余地がないか確認していきたい。

平素、暮らしの中に溶け込んでこその、もの作りをこころがけていますので
出来る限りシンプルで実用的なデザインにしてみました、格子柄のストールや新作の大麻バックなど
さまざまな組み合わせが楽しめそうです。
by swaraj | 2013-01-09 11:20 | 衣服 | Comments(0)

藍晶石とヒマラヤ珊瑚の大麻本藍染めネックレス

c0158301_1313493.jpg

本日の仕上がりました、藍晶石(らんしょうせき)とヒマラヤ珊瑚の大麻本藍染めのネックレス
ひと通りこれで、大麻や芋麻の繊維からのネックレスがそろいました。    
正月明けてすっかり平日モードになりましたので夏までの予定と2月のラオス行きへの準備もおいこみに向かいます。
c0158301_1355452.jpg

昨日の煮豆の残りで今日の無骨なランチプレート、お日様のあたる縁側でいただきました。
あたりまえの事ではありますが、空腹時にリラックスした環境で好きなものをいただくほどの幸せがどこにあろうかと感じます。
by swaraj | 2013-01-08 13:10 | アクセサリー | Comments(0)

大麻本藍染めのヒマラヤクリスタルネックレス2

c0158301_1041292.jpg

正月の間、NHKラジオ第二で科学史を旅するというレクチャーが集中して放送されていたのでこれを聴きながら年末からいそしんできた大麻アクセサリー作りを続けておりました。
寒波のときはアトリエにこもって手しごとにかぎる。
こちらも以前、ネパールを旅したときに入手したチベット密教の仏具ヴァジュラをかたどったヒマラヤクリスタスです。
c0158301_10443143.jpg

正月つかれもあり、細君がやや風邪気味になりまして私がしばし料理担当
昨夜から水につけておいたキドニービーンズをストーブの上にのせての家事や手しごとを少しづつすすめられるのは冬の醍醐味というもの、もっぱら煮物がうまい小川町であります。
by swaraj | 2013-01-07 10:50 | アクセサリー | Comments(0)

正月おえて

c0158301_1517195.jpg

寒波の合間にあたった今年の正月も無事におわりました
お参りに井の頭の弁天さまのところへいったものの、いつの間にかパワースポットの旗印が立ち
すでに大勢の参拝者が列をなしていたので、池の真ん中にあるとてもちいさなお稲荷さんにお参り
c0158301_15205882.jpg

正月の2日目は西永福の大宮神社で古式ゆかしい弓の儀式が執り行われているということではじめて大宮神社へいってきました、多少の人ごみはありましたが清浄なる樹木に囲まれた境内を堪能できました。

2日間の短い東京でのお正月でしたがたくさん偶然にも、平素お世話になっている知人友人たちにほんとうに会えてよかったと思います。  
人と人の間にはきっと夜空のお星様のようにみえない引力が相互に働いているに違いない、そんな気がします。
by swaraj | 2013-01-04 15:28 | 日記 | Comments(0)