リュウキュウ藍染と黒檀染めの村へ

c0158301_10105730.jpg
昨日はスワラジ衣服のリュウキュウ藍染 黒檀染をお願いしている山岳民族の村へいきました
リュウキュウ藍の苗は亜熱帯の高原気候ですくすく育っています
c0158301_10125341.jpg
村での食事はもち米はかわいい竹カゴに入ったもち米 パンのように小さくちぎっておかずといただきます  街の食事と異なりほとんど村の食材なので滋味が豊か
c0158301_10164056.jpg

c0158301_10164742.jpg
お父さんは竹の縁台制作 スワラジのショウルームの長いベンチとほとんど同じ手法ですが こちらは天板も全て竹でつくります 
c0158301_10191026.jpg
村の古老が現れ 山岳民族の占星術が始まる
地元女性も占ってもらっているので 平素こうした風習に興味のないのですが私も試しに占ってもらいました
こちらの占いまずは生まれた曜日が重要みたい
生い立ちなどを古老は次々と指摘 それから金運
配偶者との相性 カラス(金運などを吸い取る存在)がついているかなどなど
結果はまずまず上々 この数年の厄がそろそろ落ちる時期なのかも
c0158301_10264920.jpg
縁台もほぼ完成 持ち込んだスワラジ工房の衣服の染色の仕事もお願いしてこの日の仕事は終わりました

[PR]
# by swaraj | 2019-01-17 10:10 | タイ | Comments(0)

チェンマイの朝

c0158301_23290859.jpg

c0158301_23291516.jpg
チェンマイの朝 涼しくて過ごしやすい いつもの年はもう少し肌寒いのにどうしたことだろう
宿泊している安宿は旧市街でも離れたところにあるのでレンタサイクルが便利 バイクはこわいので乗りません
ここタイ北部は亜熱帯の高原になるので知られざる美味しいコーヒー名産地☕️  素焼きの圧力ツボがぐるぐる回り毎朝ローストしてます
以前にも書きましたが 名産地の気候でいただくコーヒー やはり格別な気がします 日中はギラつく太陽 朝は霧に包まれるそんな気候がよい生育条件なのだと思います
c0158301_23344250.jpg
安宿の屋根の上に猫が寝ていた なんとものどかな風景
c0158301_23353550.jpg
本日は郊外の縫製工場へ向かう 先日お願いした衣服の確認や次のデザインのことなどの仕事を進めました あたりまえですがここでもみなさん朝8時ー夕方5時まで働きさっさと家に帰ります
世界でも残業とかしない国が大多数な気がします  南国なので明るいうちに仕事終えて帰れるのはいいなあ



[PR]
# by swaraj | 2019-01-15 23:28 | Comments(0)

久しぶりのバンコクインド人街

c0158301_21171043.jpg
今回は羽田発 日本風の商店街でトルコケバブ屋を見つけたので トルコチャイとごまリングパン シミットで朝ごはん🥞 やっぱトルコチャイが好きですq
c0158301_21191215.jpg
羽田の商店街 屋根の造作まですばらしい これで猫が昼寝してたら完璧
c0158301_21201778.jpg
夕方にはバンコクに着いた 夜行列車の時間までまだ余裕あるので近くのインド人街へ向かう🇮🇳
c0158301_21215330.jpg
インド人街の中心部にあります小さな黄金寺院シーク教のお寺にお参り 夕方のプジャ祈祷を生演奏でやってました このどでかい鍋は参拝者の朝ごはんを毎日作っているのです!
c0158301_21244533.jpg
路地裏に新しくできたブータン料理屋を発見
蒸し餃子 モモでほっこり そのまま夜行列車に乗り込むのでした

[PR]
# by swaraj | 2019-01-15 21:16 | Comments(0)

旅の衣服

c0158301_13484497.jpg
平素髪を梳かす習慣のないので一年半ほど髪を伸びるがままに放置しておいたら、絡まってドレッドロックスみたいに大変な事態になってしまったので、断髪で心機一転。明日からタイ、パキスタンへいってきます。

タイはともかく、今回訪れる予定のパキスタン北西部、アフガニスタン国境にも近いペシャワールはイスラームの戒律が厳しいところらしく、現地の知人から間違ってもジーンズなんかで来ないで、ダブダブの服で来てねとアドバイスいただいたので、いつも着ている長目のシャツに合気道の道着を改良した下衣、めずらしく自分のために作った手つむぎアフガン帽パコールを旅の衣服にしよう。そして、どこでも練習できるように
イスタンブルケメンチェも連れて行こう。




[PR]
# by swaraj | 2019-01-12 13:59 | 衣服 | Comments(0)

中東楽器と土壁のへや

c0158301_16380502.jpg
今日はスワラジ工房ショウルームで3月3日に開催するドラゴンデイ!のリハーサル、矢島さんのアラビアウードと私のクラシックケメンチェ、クレタンリラで合わせてみました。

ウードやクラシックケメンチェなどの古典的な楽器は土壁と無垢の材木で作ったちいさな部屋によく合います。音量はさほど大きくないのですが、西洋楽器とはまた異なる音質の楽器だからこそ、こうした空間でとても豊かに聞こえるのかな。    

普段は撥弦楽器の担当が多い私ですが、今回拙いながらもリラなどで数曲コラボさせていただくのも、とても楽しみです。今回は、演奏メインではないのでじっくりターキッシュコーヒーを淹れたいです。





[PR]
# by swaraj | 2019-01-10 19:46 | 日記 | Comments(0)