布を無駄にしない日本の伝統着 サルッパカマをモロッコちくちく技法で作る

モロッコで学んだ伝統ちくちく技法を日本の伝統ノラ着に活かして
ちくちくサルッパカマワークショップのことをまとめました
c0158301_22373963.jpg
モロッコ北部は中世アンダルスの面影を残す、昔ながらの暮らしが残る迷路のような旧市街があり、そこには中世さながらの手仕事に携わる人々がつつましく暮らしてます
c0158301_22400977.jpg
ホテルなんか泊まらないでうちにいてよーと言われて職人さんちに泊まり込んでおぼえたちくちく技法、一緒に暮らすと料理も手伝ったりするのでいろいろ勉強になりました。
c0158301_22431062.jpg
ほんとみんな、優しいんですよー。昔のおばあちゃんちにいる時みたいにリラックスできます。 暮らしを共にすることでしか学べないもの、きっと多いと思うのです。 もちろんモロッコも観光地はインチキ野郎多いですが、観光客がいないような街にこそ本当のモロッコのホスピタリテイがあります。




# by swaraj | 2019-03-23 22:47 | 衣服 | Comments(0)

3月30日 chaabeeさんでの展示会のお知らせ


いよいよ来週3月30日になります、門前仲町chaabeeさんでのスワラジ工房の展示会
告知用に短い動画にまとめてみました
c0158301_11412192.jpg
chaabeeさんは門前仲町の駅からほど近い、昔の鉄工所跡をステキに改装したギャラリー
伊能忠敬の屋敷跡に近く、深川の下町情緒溢れるところです。  
ご予約は swaraj0527@gmail.comまでお願いします、そろそろ第2部がいっぱいになりそう。


# by swaraj | 2019-03-22 11:44 | 出店の予定 | Comments(0)

ミルクパンでできる簡単スイーツ ストラッチ

ノウルーズ2019おめでとうございます。 ミルクパンでカンタン中東スイーツ ストラッチ(ライスプデイング)は私のレシピの中でも最も失敗率が少ないのでオススメです。 お米の分量が多すぎると日本人向きじゃないので、現地のレシピを調整しました。 サフランを入れたバージョンも近日公開しますね。
c0158301_11284733.jpg
トッピングでかわいく演出できるので、簡単にできる割には喜んでもらえるストラッチ、是非みなさんも試してくださいね。レシピの分量は使う器具の大きさ、味の好みに合わせて調節してオリジナルレシピを作ってください。
c0158301_11285882.jpg
コーヒーや紅茶と合わせると最高です。
c0158301_11324632.jpg
3月30日門前仲町 Chaabeeさんでのイベント旅とくらし展にエヌハーベストのカレープレートとともに、私のストラッチもサービスさせていただきます!
c0158301_11341214.jpg
エヌハーベスト鈴木さんはカレーとパーカッション、スワラジ工房はスイーツと弦楽器でのコラボ楽しみです。
FBイベントページの内容こちらにも添付しておきますので、お申し込みの際は swaraj0527@gmail.com までお願いします。
スワラジ工房(天然素材の衣服)、Nハーベスト(オーガニックスパイス)のコラボイベント。 東西のクロスロード パキスタンを旅して学んだ布と食と音楽のトークライブも開催します。 第二部がそろそろ満席に近いのでご興味ある方はお早めにご予約いただければと思います。

旅トークとミニライブ(パキスタンベジプレートつき)
第一部 13:30-14:30
第二部 18:00-19:00
参加費  2500円 (要予約)
申込  FBページのコメント欄で参加表明(参加ボタンのみでは予約確定になりません)、もしくは swaraj0527@gmail.com 090-8081-7013 までお願いします。
定員 各回12名さま

食事の準備のために、前日キャンセルは50%、当日キャンセルは 100
%をキャンセル料とさせていただければと思います。




 

# by swaraj | 2019-03-21 11:36 | 旅スイーツとごはん | Comments(0)

ガンダーラへの旅と音のスケッチ

冬に訪れた、パキスタンガンダーラ地方にある仏教遺跡への旅とアフガニスタンのラーガ形式みたいな感じで音でスケッチしてみました。  
c0158301_13350700.jpg
ずいぶん、遠い国の話のように思えるかもしれないですが、ギリシャ植民都市がパキスタンにできて、仏教美術が花開きシルクロードを通じて日本に伝来したのはご存知の通り
c0158301_13350993.jpeg
パルテノン神殿のエンタシスの柱が、法隆寺の柱と同じような形をしているのは偶然ではなく、深いつながりがあるから
c0158301_13372614.jpeg
ウードやラバーブなど我々が扱う楽器もどことなく琵琶に似てるのは、偶然じゃないはず。





 





# by swaraj | 2019-03-20 13:45 | 音楽制作 | Comments(0)

9拍子のこと

このところ、ベリーダンサーさんとの共演が続いたので定番の曲。9拍子ロンピロンピのこと動画にのせました。 ご存知の方も多いかと思いますが多くの人にって普段聞かない、リズムやメロデイなので基本的なカウントの感じ方などを知っておくと今後の音楽の聴き方にも影響すると思います。コードのある曲なのでギターで試しても面白いかも。
c0158301_09311028.jpg
9拍子との出会いは20年くらい前に、親がトルコを旅行してお土産で買ってきたテープ。不思議とクセになるようなリズムの中に9拍子がありました。 学生の頃、フレイムドラムのレッスンを受けていてリズムを口ずさむ習慣があったのもこの手の音楽に入り込みやすかったのかもしれない。
c0158301_10054645.jpg
弦楽器はそれなりになれないとリズムを出すのは難しいかもしれないけど、フレイムドラムは音量や大きさの面で日本の住宅環境にも合っているし、多くの音楽と相性のいい楽器なので、口ずさめるリズムとともにもっと広まるといいなと思います。  左手はただのフルイ、右手はフレイムドラム見ての通りほとんど構造は同じなので、フルイや寿司桶に皮をはるだけで作れると思います。
シベリアのシャーマンや北米先住民のドラムも同じものをマドラーでドンドン叩くスタイル、トランス系にも使えるし、オリエンタル系でも使えるし汎用性の高さはジャンベの比ではない

少し昔のイスタンブルのロマ(ジプシー)音楽のドキュメンタリー、インタビューでうちの赤ちゃんは生まれる前の心臓の鼓動から9拍子なんだよーなどといっております。 何年か前に娘と旅したイスタンブルのアジア側カドキョイが写っている
c0158301_10221218.jpg
哀愁のボスポラス海峡を見渡す海辺のノラネコちゃんたち、元気かな。きっと元気だと思います。トルコの人たちネコやイヌにとても優しいので。





# by swaraj | 2019-03-19 11:33 | 音楽制作 | Comments(0)