人気ブログランキング |
<< 東京サウダージ その1 梅花さく >>

日本の中のブラジル

c0158301_18315763.jpg

今日は群馬へ木材やオフィス用品の買出しにいったついでに
在日ブラジル人の方々が多く住むエリアへも足をのばしてきました

異文化コミュニケーションにとても興味がある私は以前からしばしばこのあたりを訪れていたのですが
今回入ってみたのはブラジルパンやさんのトミ
大通りから一本はいったところにあるのでわかりにくいのですが、以外にも平日なのに活気がありなかなか盛況、お客さんはみなこちらに在住のブラジルの方ばかりなのでまるで異国にいるような雰囲気を感じさせていただきました。
おじさんたちがグラスににはいったコーヒーをそばに昼間からおしゃべりを繰り広げている景観は私のしばしば仕事で訪れるモロッコやラオスを思い出させてくれます

100年前、日本から地球の裏側の異国の地ブラジルへ赴き、想像もできないような苦労の末に子孫を未来につないでこうして再び日本に帰ってきて暮らしている日系ブラジル人の方々に少しの時間でもともに過ごすことができることはとても新鮮な体験です。

13歳のころ私はサッカーの合宿でサンパウロに一月滞在したことがありました、今から20年くらい前のブラジルは現在と比較にはなりませんが、私にとってもはじめての異文化体験、第産世界へのとびらを開けてれたのはまさしくブラジルでした。

現在ラオス、タイ、そしてモロッコなど異なる文化の国々の人々とともにもの作りができるのもこうした経験の影響が深くあるように感じられます。
それぞれの文化や暮らし方にはそれぞれの特性があるのでその違いを楽しむのが私にとって、いつでもそれが旅の醍醐味なのです、これからもいろいろな国の人々からたくさんのことを学んでいきたいな。
by swaraj | 2013-01-21 18:33 | 日記 | Comments(0)
<< 東京サウダージ その1 梅花さく >>