4月からのちくちくワークショップ

c0158301_15401520.jpg

c0158301_15401689.jpg

c0158301_15401621.jpg

Workshop schedule
4/9 吉祥寺スワラジのアトリエ 午後2時〜
4/12 吉祥寺スワラジのアトリエ お昼の12時〜
4/27 西荻窪エヌハーベスト 午後6時〜
5/3 5/4 吉祥寺スワラジのアトリエ 午後2時〜
以上ちくちくワークショップの日程になります、
初心者は小物入れ 材料費 1500円
ガンドーラワンピース 材料費 12000円
サルッパカマ 材料費 12000円
ジェラバコート 材料費 28000円
どの講座でも大丈夫です。
[PR]
# by swaraj | 2017-04-02 15:39 | Comments(0)

シミット試作

c0158301_12295609.jpg

昨日はお休みなので趣味の中東料理研究、イスタンブルでシミット!シミット!と頭の上に大量に乗せて売りあるくゴマのリングパンの試作、初めてなので失敗でしたが何回か繰り返せばきっとものになると思います。
5月の連休にスワラジのショウルームでストラッチ(イスタンブルライスプディング)やシミットにお茶でも用意してゆっくり旅のお話しながら衣服の展示会を考えてます。

[PR]
# by swaraj | 2017-03-28 12:29 | Comments(0)

サントウール、トンバクとクレタンリラ


今週土曜日に西荻窪のエヌハーベストでの演奏にあわせて、ペルシャサントウール、トンバクとクレタンリラで少しばかり練習風景を撮ってみました。
曲はエジプトの作曲家によるSamai Bayati ,10拍子で微分音連発のなかなか難易度の高い曲ですが
ここではほんの一部になります、続きはぜひとも会場でお楽しみください!
[PR]
# by swaraj | 2017-03-23 17:15 | 音楽制作 | Comments(0)

共鳴弦つきクレタンリラ

c0158301_12170113.jpg

c0158301_12170185.jpg

先月入手したばかりの共鳴弦つきクレタンリラを今回の演奏で実験的に使用するクレタンリラについての説明です。

リラ(英語ではライヤー)とは中世の東ローマ帝国の時代から受け継がれてきたギリシャのクレタ島に伝わる弓で奏でる擦弦楽器、
バイオリンやチェロなど多くの弦楽器は弦を指でおさえる手法ですが、リラは爪を弦にあてて音程をコントロールします。

クレタンリラは基本的に3弦なのですが、こちらのクレタンリラは90年代にギリシャ在住の英国人ロスデイリーと音楽家でもあり楽器制作にも携わるステリオスペトラキスさんが伝統的なリラとインドの擦弦楽器サーランギの要素を取り入れて開発されたものです。

ヨーロッパにも中世には共鳴弦がついた楽器(ハーデイガーデイなど)は多く親しまれていたのですが、オーケストラの発展(ハーモニーや転調の複雑化)とともにこうした共鳴弦つきの楽器は廃れていったようです。
c0158301_12170228.jpg

千年くらい前の東ローマ帝国時代のもの
当時から基本的な構造は変わらないのですね
c0158301_12170296.jpg

こちらがヒンドウスターン(インド北部)のサーランギ、おそろしいほどたくさんの共鳴弦です。クレタンリラのジャワリの発想はこちらがモデルみたいです
[PR]
# by swaraj | 2017-03-22 12:13 | 音楽制作 | Comments(0)

東京ジャーミーの春

c0158301_21264910.jpg

c0158301_21265011.jpg

近くまで来たので久しぶりに代々木のジャーミーに立ち寄る、
トルコや中央アジアのチュルク系の国々の方、東アフリカの方など実に多種多様な人々の顔ぶれに最近急増しているインドネシアからの観光客で賑わっていました。
隣にあった古い小学校が取り壊されたのは残念ですが、新しくトルコ文化センターができるらしいので楽しみです。
モロッコをはじめいろいろイスラーム諸国を旅してきましたが、こちらのイマームのクルアーン朗唱やアザーンはすばらしく美しく、かつてエルサレムやメッカやメデイーナなどの重要地域を長く治めてきたオスマン帝国の伝統を感じます。
[PR]
# by swaraj | 2017-03-18 21:26 | Comments(0)