<   2017年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ひつじ布のワンピース

c0158301_13170929.jpg

c0158301_13171007.jpg

c0158301_13171134.jpg

c0158301_13171131.jpg

来週土曜のひつじ飼いの音楽会に合わせてショウルームもオープンしますのでモロッコのひつじ布で作りました。
生地は厚手なので、ふんわり軽やか、見返し、ポケットにはヘンプ布をちくちく、植物性と動物性は相性がとてもいい、
ボタンはベトナム山岳民族に学んだ手法になります。
布のストックがそれほどないのでこちらも受注生産になります。
[PR]
by swaraj | 2017-09-30 13:16 | Comments(0)

10月の麻の会

c0158301_20211144.jpg
スワラジのショウルームでの毎月恒例のヘンプ糸績みのワークショップです。
参加費 500円
材料費 1000円
初めての方は 2500円になります。
予約制なので、ご予約の際はこちらにお願いします。
swaraj0527@gmail.com

[PR]
by swaraj | 2017-09-28 20:22 | ワークショップ | Comments(0)

ネパールのサーランギと

c0158301_16244831.jpg

先日のキリムに綴る音楽会ではバタバタしていて写真がとれなかったのですがネパールのサーランギをお持ちの方が来られたので擦弦楽器ファミリーの記念撮影、見た目よりものすごーく重いネパールサーランギにびっくり❗️ 魂柱がないので胴体にあまり響かずに自分で弾いてる音は聞こえにくそうですが、サウンドホールから一直線に音が飛んでいくなんとも不思議な構造〜
革張の擦弦楽器もとっても魅力的です。
[PR]
by swaraj | 2017-09-27 16:12 | Comments(0)

黒い羊飼いのコート

c0158301_12253742.jpg

c0158301_12253701.jpg

c0158301_12253815.jpg

c0158301_12253941.jpg

Hemp jacket dyed by natural fermented indigo plus ebony fruits.
先日に続き、黒檀染にリュウキュウ藍染を重ねて自然な黒に近いような色の羊飼いのコートを作りました。 北アフリカの伝統に従い、サイドの穴はポケットではない、ただの穴ですが、これがなかなか旅先などでも便利なのですがご希望の方はここにポケットも追加オーダーできます。
でっかいトンガリフードは中世ヨーロッパを思わせますが、北アフリカでもお馴染みのかたち、大きいのには日差しよけの実用的な意味もあるのです。 こちらも生産数が限られるので受注生産になるかと思われます。
ボタンはミャンマーの山岳民カチン族のもの、まーるい形がボタンループにフィットして使いやすいのです、このアイデイアはベトナムの山岳民族から学びました。
[PR]
by swaraj | 2017-09-21 12:24 | Comments(0)

羊飼いのコート

c0158301_09582979.jpg

c0158301_09583025.jpg

New hemp jacket dyed by ebony fruits.
今月末のショウルームオープンにむけて、モロッコの羊飼いのコートをアレンジして、室内屋外の気温差にも対応できるように前開きにしました、ボタンの技法はベトナム山岳民族から学んだものです、今までのループ型より丈夫で使いやすいはず。生地はヘンプコットン布を黒檀の実を発酵させて何度も染めた後に何年も暗室で保存していたので、色落ちも少ないと思います。
邪気の入りやすいフード首元、そで口やスリットの見返しに手績み手織りの村のヘンプ布を使いました。
製品としての数量は限定されるので、布を選んでオーダーも承ります。
[PR]
by swaraj | 2017-09-17 09:57 | Comments(0)

キリムに綴る音楽会のリハーサル

c0158301_21215315.jpg

9/24国立市銀風工房でのキリムに綴る音楽会のリハーサル、
この他にもダフ、二弦ハープ、フンザラバーブなどがありますので音色の豊かな音楽会になりそうです。
フシタールは4弦なので便利ですが、音量が小さいで演奏で使う機会は少なかったのですが、古楽器やオリエント楽器に生音で合わせるにはヴァイオリンのような西洋楽器より音のバランスはむしろ取りやすいのかもしれません。
[PR]
by swaraj | 2017-09-14 21:21 | Comments(0)

大麻ミツロウキャンドル作りとファラーフェル

c0158301_22231942.jpg

今日は来月以降に計画していますワークショップ、大麻ミツロウキャンドル作りといただいたファラーフェル道具を使って試しにショウルームで調理してみました。 フライパンで焼くモロッコ田舎パン、羊飼いのサラダにヨーグルトガーリックソースのとてもシンプルな組み合わせ、いただいたファラーフェル道具は厚さが均一になるのでとても便利。
[PR]
by swaraj | 2017-09-12 22:20 | Comments(0)

羊飼いのリハーサル

c0158301_10071674.jpg

10/7の羊飼いの音楽会では
私のリラとサリランさんのプタルテリウムでもギリシア、マケドニア、中世古楽で参加するので昨日は石田夫妻のおうちにお邪魔してリハーサルをしました。
羊飼いの笛カヴァル、トルコのサズ、マケドニアのタンブーラ、中世ヨーロッパのプタルテリウム、ギリシアクレタ島のリラ
どれもそんなに大きな音ではないのですが、民族の違いや国境を越えて心地よく響きます。
マケドニアの曲も少しばかり私のフシタールというシルクロードの鳥頭擦弦楽器で参加することになりました。
みなさま、よろしくお願いします
[PR]
by swaraj | 2017-09-10 10:06 | Comments(0)

ファラーフェル道具を受け取りに

c0158301_11315490.jpg

c0158301_11315501.jpg

c0158301_11315632.jpg

ヨルダンからのファラーフェル道具を受け取りに十条に新しくできたクルド料理店へ行きました。 トルコ料理に似ていますが塩ヨーグルトのアイランをドウーと呼んだり、クルドはペルシャ系みたいです、クルド地域はイラン、イラク、シリア、トルコ領内にまたがっていてこれがまた紛争のもとなのでしょうが、文化的にはとても興味深い。
料理のお味の方は比較的あっさりしていて、ピラウもおそらく日本米を上手に炊かれておりました。 しかしながら、揚げナスのフィリングは近頃私が苦手とするヒツジでした〜
自分で作るときはレンズ豆でやってみようかな。
それにしてもイスタンブルにファラーフェル道具あるだろうと思いきや全然なかったので大変ありがたいです、アラブ旅行者のためのファラーフェル屋がありましたが、やや分厚かった。
あれでは食感がボソッとするであろう。
いずれスワラジでもファラーフェルワークショップをやってみたい。
[PR]
by swaraj | 2017-09-08 11:31 | Comments(0)

秋のショウルームオープンイベント

c0158301_10010263.jpg




9/25-10/7 ショウルームオープン期間  

イベント日でないときは、お電話かメールでのご予約いただければありがたいです


9/25 ちくちくワークショップ 

モロッコや各地の山岳民族より学んだちくちくメソッドで衣服などをつくります(要予約) 

参加費2500円(お茶、菓子つき) 材料費 ヘンプ小物入れ1500円、亜麻ダブルガーゼワンピース9800円 など


10/7 羊飼いの音楽会 

トルコ、バルカン音楽の演奏家、石田夫妻を迎えて地下の工房を開放しての演奏会

17時から18時半まで 参加費2000円(予約) 当日券(2500円)

トルコのチャイとスイーツつき 定員 10名まで

  



[PR]
by swaraj | 2017-09-04 14:46 | 出店の予定 | Comments(0)