<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アースデイ東京2017終えて

c0158301_09262466.jpg

c0158301_09262569.jpg

アースデイデイ東京、おかげさまで無事に終了
日曜日は穏やかな日和に恵まれて、訪れてくれる方々をゆったりお話できました。 共鳴弦クレタンリラでの野外演奏は初めてなのでモニターから出てくる音に戸惑いを覚えたのですが、ミワフクさんの舞での参加もあり、いろいろ学びになりました。

スワラジはかれこれ10年以上前からアースデイ東京に出店しています、ピーク時は人が歩けないくらいに混雑してましたが近年は落ち着いてきて、少しゆったり本来のアースデイの趣旨に戻ってきたのかな?とも感じています。
お手伝いいただいた方々、本当にありがとうございました❗️
[PR]
by swaraj | 2017-04-24 09:25 | Comments(0)

アースデイ東京ミワフクさんと共演

c0158301_14010700.jpg

c0158301_14010721.jpg

c0158301_14010862.jpg

Fret for the Funza Rabab.
日曜のお昼にアースデイ東京での演奏なので、パキスタンフンザラバーブのフレットを交換、ロスデイリーさんオススメの結束バンドにしましたらこれがなかなか安定していい感じだ。
これから荷物を積み込んで出店の方の準備にむかいます。
[PR]
by swaraj | 2017-04-22 14:00 | Comments(0)

ラバーブのフレット

c0158301_12304801.jpg

c0158301_12304966.jpg

Fret for the Funza Rabab.
日曜のお昼にアースデイ東京での演奏なので、パキスタンフンザラバーブのフレットを交換、ロスデイリーさんオススメの結束バンドにしましたらこれがなかなか安定していい感じだ。
これから荷物を積み込んで出店の方の準備にむかいます。
[PR]
by swaraj | 2017-04-21 12:30 | Comments(0)

焦げつかないタジンの料理法

c0158301_12443381.jpg

c0158301_12443427.jpg

いつも音楽仲間と音合わせの時につくるモロッコ料理、
仕込んでおけば1時間くらいほったらかしでできるので近頃よく作る機会が多い。 昨日はエヌハーベストさんのところで作った時にビリヤニ料理のように鍋を二重に火にかけると焦げつかないことを学べました。 取り皿も食器も必要ない、まーるい鍋を囲んでパンを食器に手で食べるスタイルには人間のルーツを感じます。
[PR]
by swaraj | 2017-04-17 12:43 | Comments(0)

チェチェンの娘


イスタンブルの早朝、凍てつく石畳の街角に響く祈りの声、路地裏の食堂でレンズマメのスープをすすった旅の思い出とともに、オスマン時代の曲チェチェンの娘Cecen Kiziをセタールの弦を張り調弦を変えたギターと共鳴弦クレタンリラで録音しました。 ひとりで演奏するときの伴奏トラックとして使おうとおもいます。 
チェチェンとは今のロシア領コーカサス地方のことですが、長い間オスマン帝国の一部だったのです
この曲の演奏はアテネで聞いたのですが、ギリシャもオスマン帝国領の時代が長いので今では国は違うのですが、文化的には共通しています。
[PR]
by swaraj | 2017-04-11 13:53 | 音楽制作 | Comments(0)

クレタンリラの弦交換に苦戦

c0158301_18135081.jpg

c0158301_18135024.jpg

I try to change the Lyra strings to cello strings which Ross Daly recommended .
ひと通りイベントも終えたので、かねてよりやってみたかったクレタンリラの弦の交換、ロスデイリーさんに教えていただいた共鳴弦、チェロの弦に交換作業にとりかかる。
ラバーブの共鳴弦交換よりもずっとずーっと大変!
共鳴弦はサズの方式で張るので抑えている金具を外したらブリッジも魂柱もポロッと転がりアタフタしましたが、真ん中のD線、高いA線をチェロのに交換したら、以前少し気にかかっていた金属の擦れるような音がなくなり、太く渋い感じになりました。
低い弦G線はそのままですが、ビオラの弦を張るといいよと教えていただいたので近日中にやってみよう。
[PR]
by swaraj | 2017-04-10 18:12 | Comments(0)

中世音楽家のsally lunnさんとセッション

c0158301_07211433.jpg

c0158301_07211460.jpg

昨日はちくちくワークショップの前に、中世音楽家のSally Lunnさんとカザフスタンのドンブラ奏者のナカムラさんがスワラジショウルームにおいでいただき、いろいろな楽器とのセッションをしました。 下の写真の弦楽器はプサルタリー、指で爪弾くこのすばらしい古代の楽器はご自身で制作されたものです。
音色、音量ともにクレタンリラとの相性もよいので、次回6月のエヌハーベストでの夏服展の期間中、ライブ演奏でご一緒させていただくことになりそうです。
[PR]
by swaraj | 2017-04-10 07:20 | Comments(0)

共鳴弦クレタンリタと中東楽器アンサンブル


おかげさまで、西荻窪エヌハーベストでの展示も無事に終了
最終日はアラビアの楽器ウードの大家常味さんとペルシャ打楽器の演奏家レオさんとのアンサンブルにトンバクのひろしさんとともに、私の共鳴弦クレタンリラも参加させていただき
エジプト古典の名曲Samai Bayariを演奏しました。 甘美な微分音(ピアノでは表現できない4分の1音)と西洋音楽にはない10拍子の優雅なリズムの音世界に酔いしれた夜。  
すばらしい、展示会、演奏会を支えていただいたみなさまにただただ感謝がつきません。
[PR]
by swaraj | 2017-04-04 12:01 | 音楽制作 | Comments(0)

4月からのちくちくワークショップ

c0158301_15401520.jpg

c0158301_15401689.jpg

c0158301_15401621.jpg

Workshop schedule
4/9 吉祥寺スワラジのアトリエ 午後2時〜
4/12 吉祥寺スワラジのアトリエ お昼の12時〜
4/27 西荻窪エヌハーベスト 午後6時〜
5/3 5/4 吉祥寺スワラジのアトリエ 午後2時〜
以上ちくちくワークショップの日程になります、
初心者は小物入れ 材料費 1500円
ガンドーラワンピース 材料費 12000円
サルッパカマ 材料費 12000円
ジェラバコート 材料費 28000円
どの講座でも大丈夫です。
[PR]
by swaraj | 2017-04-02 15:39 | Comments(0)