<   2017年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

シミット試作

c0158301_12295609.jpg

昨日はお休みなので趣味の中東料理研究、イスタンブルでシミット!シミット!と頭の上に大量に乗せて売りあるくゴマのリングパンの試作、初めてなので失敗でしたが何回か繰り返せばきっとものになると思います。
5月の連休にスワラジのショウルームでストラッチ(イスタンブルライスプディング)やシミットにお茶でも用意してゆっくり旅のお話しながら衣服の展示会を考えてます。

[PR]
by swaraj | 2017-03-28 12:29 | Comments(0)

サントウール、トンバクとクレタンリラ


今週土曜日に西荻窪のエヌハーベストでの演奏にあわせて、ペルシャサントウール、トンバクとクレタンリラで少しばかり練習風景を撮ってみました。
曲はエジプトの作曲家によるSamai Bayati ,10拍子で微分音連発のなかなか難易度の高い曲ですが
ここではほんの一部になります、続きはぜひとも会場でお楽しみください!
[PR]
by swaraj | 2017-03-23 17:15 | 音楽制作 | Comments(0)

共鳴弦つきクレタンリラ

c0158301_12170113.jpg

c0158301_12170185.jpg

先月入手したばかりの共鳴弦つきクレタンリラを今回の演奏で実験的に使用するクレタンリラについての説明です。

リラ(英語ではライヤー)とは中世の東ローマ帝国の時代から受け継がれてきたギリシャのクレタ島に伝わる弓で奏でる擦弦楽器、
バイオリンやチェロなど多くの弦楽器は弦を指でおさえる手法ですが、リラは爪を弦にあてて音程をコントロールします。

クレタンリラは基本的に3弦なのですが、こちらのクレタンリラは90年代にギリシャ在住の英国人ロスデイリーと音楽家でもあり楽器制作にも携わるステリオスペトラキスさんが伝統的なリラとインドの擦弦楽器サーランギの要素を取り入れて開発されたものです。

ヨーロッパにも中世には共鳴弦がついた楽器(ハーデイガーデイなど)は多く親しまれていたのですが、オーケストラの発展(ハーモニーや転調の複雑化)とともにこうした共鳴弦つきの楽器は廃れていったようです。
c0158301_12170228.jpg

千年くらい前の東ローマ帝国時代のもの
当時から基本的な構造は変わらないのですね
c0158301_12170296.jpg

こちらがヒンドウスターン(インド北部)のサーランギ、おそろしいほどたくさんの共鳴弦です。クレタンリラのジャワリの発想はこちらがモデルみたいです
[PR]
by swaraj | 2017-03-22 12:13 | 音楽制作 | Comments(0)

東京ジャーミーの春

c0158301_21264910.jpg

c0158301_21265011.jpg

近くまで来たので久しぶりに代々木のジャーミーに立ち寄る、
トルコや中央アジアのチュルク系の国々の方、東アフリカの方など実に多種多様な人々の顔ぶれに最近急増しているインドネシアからの観光客で賑わっていました。
隣にあった古い小学校が取り壊されたのは残念ですが、新しくトルコ文化センターができるらしいので楽しみです。
モロッコをはじめいろいろイスラーム諸国を旅してきましたが、こちらのイマームのクルアーン朗唱やアザーンはすばらしく美しく、かつてエルサレムやメッカやメデイーナなどの重要地域を長く治めてきたオスマン帝国の伝統を感じます。
[PR]
by swaraj | 2017-03-18 21:26 | Comments(0)

ちくちく大麻リュウキュウ藍染のジェラバコート

c0158301_12331629.jpg

c0158301_12331728.jpg

c0158301_12331797.jpg

c0158301_12331833.jpg

いよいよ昨年から足しげくベトナム山岳地帯、大麻繊維とリュウキュウ藍染の山村に通い作ってきた新作コートが登場します!
今週末の都立大アーストウキョウさんのお店で展示販売します
[PR]
by swaraj | 2017-03-16 12:31 | Comments(0)

お蔵フェスタのバンブーステージにて

c0158301_20375396.jpg

c0158301_20375472.jpg

I played Funza Rabab and Khushitar with my friend today.
久しぶりの野外イベント出店に加えて、お蔵フェスタの手作りバンブーステージでラバーブとフシタールを演奏しました。
ラバーブとは共鳴弦付きの中央アジアの撥弦楽器、水牛の角のピックで弾きます。 私のラバーブはアフガニスタンのものよりも大分小さいのですが、その割に音量は大きいので次回からはラバーブの演奏も少し増やしてみようと思います。
[PR]
by swaraj | 2017-03-12 20:37 | 音楽制作 | Comments(0)

イスタンブールの思い出

c0158301_17023635.jpg

Memory of Istanbul , I cooked firinda stlac .
明日は久しぶりの野外イベント出店と演奏なのでせっせと荷物の積み込みしながら、忘れられないイスタンブールの旅の思い出
ストラッチ(ターキッシュライスプディング)をささっと作ってしまった。 濃厚な紅茶とともにいただき、ボスポラス海峡に響く祈りの声に思いがつのる、ああ何もかもイスタンブールは最高でした〜
[PR]
by swaraj | 2017-03-11 17:02 | Comments(0)

春のリュウキュウ藍ストール

c0158301_10213998.jpg

The new indigo products for the spring .
タイ北部の街プレーには山岳民族とはまた違った繊細な色合いのリュウキュウ藍染の技法がまだ残っております。 プレーの軽やかなリュウキュウ本藍のストールが揃いましたので、こちらも今週日曜日のお蔵フェスタに持参します!
[PR]
by swaraj | 2017-03-10 10:21 | Comments(0)

濃厚なリュウキュウ藍染ダブルガーゼのコート

c0158301_13020536.jpg

c0158301_13020589.jpg

ベトナム北部の山岳民族の村で染めた濃厚なリュウキュウ藍染のコートダブルガーゼリネンコットン、試しにこの一点のみ制作したのですが、いい感じなので来年製品化しようと思います。
オリーブ木目のボタンまで村の藍で染まりました。
今週日曜日のお蔵フェスタに持参します!
[PR]
by swaraj | 2017-03-08 13:01 | Comments(0)

新作リュウキュウ藍染のガンドーラ

c0158301_12344669.jpg

c0158301_12344707.jpg

c0158301_12344788.jpg

The new shirt dyed by pure natural indigo with double gaze linen cotton fabric.
今週日曜日はいよいよ初春の祭典、寺田本家のお蔵フェスタ❗️
への出店に合わせて新作のリネンコットンダブルガーゼのガンドーラのリュウキュウ藍染の新作が仕上がりました〜
[PR]
by swaraj | 2017-03-07 12:33 | Comments(0)