<   2016年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ちくちくヘンプサルッパカマワークショップ

c0158301_10595622.jpg

スワラジの展示ルームプレオープン企画の第一弾
独自のスワラジちくちく技法で東北の伝統野良着サルッパカマをアレンジした下衣をヘンプ布と
黒檀染刺し子糸(茶系)でつくります。

材料費 9800円
参加費 2500円(各回) 
定員 5名 (人数が多い場合は午前の回を設ける予定です)
要予約 swaraj0527@gmail.com
進み具合は個人差があります、ポケットをつけたり、ひもをつくったり、丈を長くしたりとオプション講習もできます。
[PR]
by swaraj | 2016-08-31 11:02 | ワークショップ | Comments(0)

日本米でマサラドーサ

c0158301_12495198.jpg

c0158301_12495173.jpg

I love to cook Indian food , because it's enough tasty without using any meat .
台風の熱気はドーサを発酵させるのにいい、
今日は日本米にウラッド豆、ほーんの少しのフェヌグリークで作りました。 ジャポニカ米は粘り気があるので若干フライパンからの剥がしがインデイカ米に比べてスムーズではないのですが、さほど油も使わずにできました。
フェヌグリークは少ない方が子供も食べやすいみたいだ
9月にはささやかながら軽食つきのワークショップを計画中。
[PR]
by swaraj | 2016-08-30 12:49 | Comments(0)

カラコラムへの道 7拍子

c0158301_5463356.png

7拍子の曲できました、楽器はいつものようにフシタール、ファイフ(笛)、バンドリン、クラシックギター、パンデイロで多重録音しました。 ちょうど私の友人が明日からカラコルム山麓に旅立たれるので旅立ちに捧げます
パキスタンは危ないイメージが先行しますが、仏像発祥の地ガンダーラ、さらに古代のインダス文明、アレクサンドロスと三蔵法師の歩いた文明の十字路、ヒラマヤとカラコルム山系の交わる雄大な自然と文化の交わる地球の屋根チベットにも勝るとも劣らない美しい地だ聞きます。
最近ブログのリンクシステムがうまくいかないのですが以下のサイトで視聴できるとおもいます。
カラコルムへの道soundcloud
https://soundcloud.com/takayuki-swaraj-ueda/the-way-to-katakoram-1
カラコルムへの道youtube
https://www.youtube.com/watch?v=ZbdKaV44joQ
[PR]
by swaraj | 2016-08-29 05:39 | 日記 | Comments(0)

ヘンプフェア終えて

c0158301_15182257.jpg

おかげさまで昨日で夏の間足しげく通った横浜のナチュラルハーモニー、ヘンプフェアの撤収がおわりました。
後片付けしながら、次なるヘンプエプロンの製作開始、足踏みミシンは作業スピードはおそいものので非常にパワフルなので、手績みヘンプの布には重宝します。
私のような個人で衣服製作販売に携わる方は世では少数派らしく
よくそんなんでやっていけるねえ〜と言われることもしばしばですが、おかげさまで近頃はこうしてマメマメとオーダーいただいてなんとか凌いでおります。
[PR]
by swaraj | 2016-08-26 15:18 | Comments(0)

ダブルガーゼのガンドーラ


c0158301_10353162.jpg

Gandora shirt by linen cotton double gaze fabric.
台風の中、アトリエにこもって新作のガンドーラの製作
ダブルガーゼなので秋から初冬にかけてもつかえます。
ガンドーラとはモロッコのおじさんの長衣なのですが、日本では女性の方に人気です。
8/25木曜日にヘンプフェア最終日なので持参します。
[PR]
by swaraj | 2016-08-23 10:34 | Comments(0)

ヘンプ上着セミオーダー

c0158301_19460322.jpg

本日ナチュラルハーモニーの馬場さんオーダー用の手績みヘンプリュウキュウ藍染上着を納品しました。
土に携わる方に着ていただいてうれしいです、この素材での衣服製作、これからもがんばります。
[PR]
by swaraj | 2016-08-20 19:44 | Comments(0)

ラグラン上着 手績み手織りリュウキュウ藍染

c0158301_09291629.jpg

Hemp indigo shirt made to order .
手績み手織りリュウキュウ藍染ヘンプのラグラン上着ができました、こちらはセミオーダーのためにやや長めに作りました。
高温多湿な風土にも色鮮やかに輝く本藍染手績みヘンプの色は引きこまれそうになるように魅力的です。
[PR]
by swaraj | 2016-08-19 09:28 | Comments(0)

手績み手織りヘンプリュウキュウ藍染の上着

c0158301_11465083.jpg

c0158301_11465120.jpg

Hand spun hand weaved indigo hemp shirt .
お盆過ぎたらやはり例年通り雨が多くなるこのごろ、ドーサの研究だけでなく本業も続けております。
今週末はナチュラルハーモニーでヘンプフェア最後の週末に持参するための、手績み手織りヘンプ本藍染のラグラン上着の製作中。 浅草のボロミュージアムに展示してありそうな風合いです。
[PR]
by swaraj | 2016-08-18 11:46 | Comments(0)

ドーサの発酵

c0158301_09032847.jpg

c0158301_09032864.jpg

c0158301_09032911.jpg

Finally masala Dosa fermentation was succeed .
ついにマサラドーサ生地の発酵が成功、
おたまですくうと、シュワシュワふんわり感が明らかに違います
フライパンに敷くオイルも少なめでパリパリ剥がれました。
次に課題は、もっと薄〜くパリパリに仕上げること、
厚手の木製おたまじゃなくて金属製のを使ってササっと生地を伸ばした方がよさそうだ。

[PR]
by swaraj | 2016-08-17 09:01 | Comments(0)

マサラドーサへの挑戦

c0158301_08365491.jpg

c0158301_08365549.jpg

先日エヌハーベストのひろしさんに教わったように米とウラッド豆、フェヌグリークを一晩浸水後ジューサーでミックス、さらにザルで漉してマサラドーサのタネを作りました。
ドーサを試みるのはこれで数回目ですが、今回はザルで漉したのでうまくいくかなとおもいきや、最後の1枚にしてようやく問題が見えてきました。
どうやらシッカリと焼くことで自然にフライパンからパリパリ剥がれるようです、まだかなまだかな〜と焼きが未熟なうちに剥がして焼き加減を確認などしてはいけないのだ。
今回は朝から夕方までタネを寝かせて発酵を促したのですが、次回はもう少し長い時間発酵させてみよう。
[PR]
by swaraj | 2016-08-16 08:36 | Comments(0)