<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

和綿はじける

c0158301_21454262.jpg

今日、テクテクと娘の幼稚園のお迎えがてらに和綿を栽培させてもらっているときがわ町の畑をのぞいてみると、ありました白いふわふわの物体。
和綿が少しですがはじけているのを見つけました、これから2ヶ月もしくは3ヶ月くらいにわたり収穫期間を迎えるとおもいます。
移住元年の今年もこうしてたくさんのタネをつけてくれてありがとう。
[PR]
by swaraj | 2011-10-27 21:49 | 和綿 | Comments(0)

しんげつ迎えて

今日は旧暦、神無月のしんげつ
窓をあければ葉をすべて落とした柿の木のオレンジ色が澄みきった空にじつによく映えてみえます。
もろもろの秋のイベントをおえまして残すは今週の日曜日、アースデイマーケットを残すのみとなりました。
これが終われば2週間ほどお休みがあるので、また自宅の改装にかかりたいとおもいます。

冬をつつがなくすごすためにも、キッチンの壁からはじめてみようとおもっています。
[PR]
by swaraj | 2011-10-27 13:04 | 日記 | Comments(0)

小川町の芋麻ブレス

c0158301_15123233.jpg

7月に自宅の近くで刈り取った芋麻を皮をはいで糸にしておいたものを使ってしたてたブレスレットです。
きちんと畑で育てた芋麻ではないのですが、それはそれで野趣があってよいかもしれません。
このほかにも大麻の糸を8月にタイでリュウキュウ藍と黒檀で染めた糸でもブレスレットをつくりましたので明日の代々木クラフトフェア(アースガーデン秋)に持参したいとおもいます。
[PR]
by swaraj | 2011-10-21 15:47 | アクセサリー | Comments(0)

キジムナーはおならがきらい

キジムナーとはガジュマロの木の上で笛を吹いている赤毛の子供、沖縄の座敷わらしのような存在
そのキジムナーはおならがだいきらいというのを今日ラジオの朗読をきいていて初めて知りました。
私は平素、作業中にはNHK第二ラジオをきいています、
ちかごろはアメリカ先住民についての講座や宮沢賢治のお話の朗読などをやっているのでこのときばかりは淡々繰り返す手しごとを続けながらラジオに耳を傾けるのです。     
今週末の代々木クラフトフェアに備えて小川で採集した芋麻の繊維を編みこんでブレスレット作りをすすめていきます。
[PR]
by swaraj | 2011-10-18 19:05 | 日記 | Comments(0)

土と平和の祭典をおえて

c0158301_1850260.jpg

今年はにほんくらしっくブースのオーガナイズを担当していましたので、どうにか無事におわりホッとしております。
今日は娘の保育園のお迎えに里山に囲まれたのどかな道を少しばかり散歩してみました。
東京にすんでいたころには味わえない、秋もたけなわの野山の香りがここでは楽しめます、  
予定していたラオスからの新作衣服は残念ながら土と平和の祭典には間に合いませんでしたが
今週末の代々木クラフトフェア(アースガーデン秋)にはみなさまの前にお届けしたいとおもいます。
[PR]
by swaraj | 2011-10-17 19:16 | 日記 | Comments(2)

土と平和の祭典

今日は土と平和の祭典の前日準備のために、日比谷公園にいってきました。
毎年、出店のみなのでとてもいそがしくなかなかじっくり会場を楽しむことができなかったのですが
前日ということもあり、ボランティアさんや他の出店者の方々のお話をきくことができました
中でもニホンミツバチの養蜂家さんのお話は現在の地方での農薬の弊害事情などを聞くことができておおいに感銘をうけました。
明日は音楽はもちろん、トークステージでのさまざまなセッションもとても楽しみです。
販売の場だけではなく、つながりと学びの収穫祭なのです。  

予定していた新作の上衣がラオスより本日、届きませんでした。
来週のアースガーデン秋には間に合うかとおもいます、今年は皆さんご存じのとおりインドシナ半島は長雨にみまわれてさまざまな影響がでているのでご了承ください。

[PR]
by swaraj | 2011-10-15 21:02 | 日記 | Comments(0)

新しい下衣

c0158301_19144524.jpg

上衣につづいて下衣も新しいかたちをつくりました
腰の部分はタイパンツやリスパンツのような巻く仕様ではなくひもで絞るかたちにしました
また前後にポケットをつけたので、さまざまな衣服ともあわせやすいかとおもいます。
生地はたてに機械つむぎ、よこに手つむぎのオーガニックコットンの糸で織ったものです。   
[PR]
by swaraj | 2011-10-14 19:17 | 衣服 | Comments(0)

新しい上衣

c0158301_1981443.jpg

昨年からずっと試行錯誤してきた新しい上衣服をようやくこれに紹介します。
たて糸に機械つむぎ、よこ糸に手つむぎのオーガニックコットンの先染めの糸で織った生地でつくりました。   
襟と身頃がそのままつながったようなかたちのこの衣服、ふんわり襟元からつつんでくれます。
裏地には綿麻の生地をつかいました
今年はインドシナ半島では雨がとても多く染めて乾かすのにとても時間がかかってしまいましたが
8月にしこんだこの上衣、きっと明日には届いて土と平和の祭典に持参できるかとおもいます。
[PR]
by swaraj | 2011-10-14 19:13 | 衣服 | Comments(0)

薄手のジェラバ上衣

c0158301_14272831.jpg
  
2011年1月にモロッコへ天然色の先染め生地を持っていき手縫いの職人さんにちくちく作ってもらった
フードつきの貫衣服
手縫いで軽い素材なので肌にじかに触れる感覚も楽しむことができます
さらに厚手の手つむぎのジェラバ上衣服を重ね着することにより空気の層ができるので防寒にもなります、
なにより体全体を包み込まれるのは安心します。
c0158301_14334266.jpg

手ぬいで仕立てたようには見えませんが、これは組みひもをしながらひと針、ひと針裏からかがって仕立てています。
モロッコははるかアフリカ大陸の西の果てにある遠い遠い国ですが、直線的なデザインとちいさなボタンはどことなく東洋的でもあります。
[PR]
by swaraj | 2011-10-13 14:36 | 衣服 | Comments(0)

ウッドデッキ二日目、三日目

c0158301_1851026.jpg

連休最後の日にふたたび作業再開
土台は一日目でできていたので、板を敷き詰めて屋根の骨組みが友人の手を借りて完成!
ここまでくればあとひと息です
おかげさまで十二分に堅牢なつくりになりました。

3日目からは一人の作業にもどりまして、敷き詰めた床に紙やすりをかけて
ペンキをぬりました。
明日は透明なトタン屋根をつけていよいよ仕上げです。

好天に続きの中、爽快な大工しごとを続けているうちに今週末のイベント、土と平和の祭典がせまってきました。  
[PR]
by swaraj | 2011-10-11 19:04 | 日記 | Comments(0)