<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

9月28日、29日はお休みします

おかげさまで、今月もアースデイマーケットも無事終わりました
今週の火曜日、水曜日(9月28日、29日)は臨時のお休みいただきますのでご了承ください
[PR]
by swaraj | 2010-09-27 17:32 | 出店の予定 | Comments(0)

新しいブレスとアースデイマーケット

c0158301_1715925.jpg

ようやく彼岸花も咲き、寒いくらいに涼しくなってきましたこのごろは雨が多かったので工房にこもって
せっせとブレスレット作りにいそしんでおりました。

さてさて、今週の日曜日9月26日は代々木公園のアースデイマーケットに出店のためにお店はお休みになりますことをお知らせします
今回のマーケットは毎年開かれているナマステインディアと同時開催になります
お天気がよければたくさんの人で賑わうことでしょう、私はなにより新米が楽しみです。
[PR]
by swaraj | 2010-09-24 17:20 | アクセサリー | Comments(0)

青い街のかばん

c0158301_17354141.jpg

ようやくお彼岸も近くなりまして、秋の気配が漂いはじめたので、これに北モロッコの山の町シェフシャウエンで
作られたかばんをお店に並べます。
とても柔らかい肌触りは北アフリカの大地がはぐくんだ山羊ならではのものです、使い込む事でさらにやわらかく馴染んでいきます、またとてもシンプルな形なので補修もできます。
c0158301_17382055.jpg

さまざまな青のグラデーションに包まれた山の斜面に迷路のように広がる街シェフシャウエンで育った山羊の皮をこの街の若い職人たちが私の滞在中に仕立ててくれました
街とはいっても旧市街は小さいのでテクテクと歩けばすぐに山羊や羊の放牧している姿がみられます
まるでおとぎ話の世界にでも紛れ込んだ心地にさせてくれるこの街ではいまでも昔ながらの放牧や手しごとが息づいております。
[PR]
by swaraj | 2010-09-17 17:43 | 衣服 | Comments(0)

手つむぎのラップスカート袷(あわせ)

c0158301_15354778.jpg

つい昨日までつくつくほーしの泣き声が聞こえていたここ西荻窪にも
降りしきる秋雨の下、ついに秋が来たことを実感しています。
それにしても今年の残暑は厳しく、ほんとうに涼しい日が再び訪れるのかと疑問をいだいておりましたが
ようやく、秋の新作藍染のラップスカートを紹介します

手つむぎのラップスカート袷

ラオスのプータイ族の手つむぎ、手織りのオーガニックコットン生地を
つかい、ミシンと手縫いで仕立てました 、裏地もつけているので、丈夫であたたかく腰から下を冷えから守ります

青縞 (藍)              14800円
緑  (藍とマンゴ樹皮)       14500円
茶  (マホガニ樹皮)        15000円
濃紺 (藍)              15000円
[PR]
by swaraj | 2010-09-16 15:45 | 衣服 | Comments(0)

カレーのお話

c0158301_10105310.jpg

先日、銀座にある南インド料理のお店にいってきました、
店内に入るとインド人の青年がテキパキと席まで誘導していれて、ランチ定食のミールスを注文、
揚げたての全粒粉のプーリを中心にずらりと並ぶ、数々のカレー左からえびのカレー、東南アジアのカレーのルーツはまさしくこれという味です。豆とほうれん草のカレー、ギー(バターの上澄み)の風味が豊かに漂う
辛さ控えめの味。次はサンバル、独特の酸味が利いた、とてもさっぱりしたカレー風のスープといった感じ。
じゃがいものスパイス炒め、これはやや辛めなのでプーリと一緒にいただくと美味。
しかしながら、辛さに弱い私はついに付け合せのソースまでたどり着けませんでした。

南インドは北に比べてベジタリアンが多いと聞きます、アヒンサー(不殺生)の教えが深く根付いているためなのでしょう
肉を使わないでも、このように種類豊かな十分に食べごたえのある料理をつくりだした、インド文明の土壌には感銘を受けずにはいられません。
c0158301_116182.jpg

こちらはわが町、西荻窪にあるマクロビオティク(玄米菜食)のお店、ホロンの欧風カレー
動物性たんぱく質を一切使っていないとは思えないくらいに深みのある味です。 
インドからイギリスを経由して牛肉入りとなり日本に持ち込まれたカレーが今ではこうして、本来の野菜カレーの精神を取り戻して受け継がれております。
c0158301_11141958.jpg

最後にこの夏に巡った、那須高原で収穫したかぼちゃをたくさん入れて、小川町のオクラをちりばめた
我が家のカレーです。
手前味噌で恐縮ですが、なんといっても日々の何気ない暮らしの中での飾らないごはんはありがたいものです
[PR]
by swaraj | 2010-09-16 11:19 | Comments(0)

トルコ石のピアス

c0158301_16481263.jpg
  
白露すぎて、ようやく秋風が吹いてきました
近頃はこのようなちいさいピアスをラピスラズリーやカレンシルバーなどを組み合わせてつくってます
どうも私は大きなジュエリーよりもこのようなちいさなものを作る方が得意のようです

明日の9月11日は築地本願寺で行われる平和フォーラムに出店するためお店はお休みになります。
久しぶりにアースデイマーケットの出店仲間を顔をあわせるのもまた楽しみです
[PR]
by swaraj | 2010-09-10 17:01 | アクセサリー | Comments(0)

小川町

c0158301_11484592.jpg

今週のお休みは都会から少し離れてスワラジの衣服製作で重要な役割を果たしてくれているパターナーのカオタケさん在住の秩父の麓小川町を来訪、自然豊かな里山にかこまれた渓流で川遊びに興じました
c0158301_1154364.jpg

このあたりは立派な瓦屋根の民家がおおく、連なる甍に古くから里山共に生きてきた人々の営みを感じます
民家の軒先には収穫したゴマが干してありました
c0158301_1158521.jpg

集落を散歩していると草刈り作業中のおばあちゃんと遭遇すげ笠ともんぺと鎌、最高です
c0158301_11593899.jpg
 
少し里山をのぼれば、たわわに実ったゆずの木がありました。 今の時期のゆずでも、そのまますりおろして、うどんなどの汁物の薬味に良いとのこと、さっそく帰ったら試してみたいとおもいます。
このあたりは麦の生産地なので、うどんがとても美味しい! 
昔からオーガニック野菜の栽培がさかんな小川町は近場のわりにはゆったりとした昔ながらの里山が残っている大切なところです、これからもちょくちょく訪れてみたいと思います


          
[PR]
by swaraj | 2010-09-08 12:09 | 日記 | Comments(0)

平和フォーラム2010

今週の土曜日、築地の本願寺で開かれる平和フォーラム2010に出店します  
当日のお昼前から境内にてアースデイマーケットが開かれて、
夜からは本堂にてお話や音楽の演奏、キャンドルナイトも行われます。

今年は次の日曜日にマーケットがないので、夜はゆっくりキャンドルの灯火を眺めながら
音楽に興じたいと思います。
[PR]
by swaraj | 2010-09-06 17:28 | 出店の予定 | Comments(0)

那須高原へ 其の2

c0158301_935138.jpg

翌日に豊穣庵よりも標高の高いところで茶臼の森という森の中のすてきなコテージ宿泊施設を訪れて蓼藍の畑を見させていただきました標高の高い、このあたりでも十分に栽培は可能の様です。 
時同じくして東京からここに来ていた、この宿の娘さんのかなえさんはなんとスワラジが和太鼓ワークショップの衣装をおさめているGocoo(ゴクー)のメンバー、そのお連れ合い以前アースガーデン冬でお隣のブースで出店した、染色家のはらまさきさんとも偶然にも再会することができました
c0158301_9183878.jpg

これまた豊穣庵さんのお近くに、以前からよく耳にしていた非電化工房があるというので、少しばかり立ち寄らせていただきました。 主の藤村さんはご多忙のためなかなかお会いする事はできないようですが機会があれば一度見学会に参加してみたいものです
c0158301_926967.jpg

こちはは地元の農家さんの軒先にありました、芋麻(ちょま)
今ではどこでも雑草の様に扱われておりますが、麻の一種なので美しく堅牢な糸を採ることができます
短い間の滞在でしたが、様々な魅力的な取り組みをされている人々に出会う事ができました
これからが楽しみな潜在性のあるところです
c0158301_9301191.jpg

那須町を巡ってきて、この日の豊穣庵のお昼はおもち!
もち米はもちろん小豆や納豆の大豆にいたるまですべてオーガニック、ここで収穫されたものです
c0158301_9354135.jpg

何度も重ね染めたばかりの藍染のような色の美しい茄子の漬物と一緒ににたらふくいただきました

故郷のない我ら家族にとって今回の旅はなつかしくもすばらしい経験をさせていただきました
今年の夏は猛暑のためあまり外で存分に遊ぶ事のできなかった子供はとくに大喜びの旅でした
豊穣庵のかずさん、よし江さん、本当にありがとうございました!
[PR]
by swaraj | 2010-09-02 09:16 | 日記 | Comments(7)

那須高原へ 其の1

c0158301_14132547.jpg

アースデイマーケットの出店仲間、那須高原にて農園レストランを開いている豊穣庵さんのところに
念願の初訪問をやっと果たすかとができました。
ウッドハウスの前には、冷たい清水がこんこんと湧き出でております、ここで野菜などを洗ったり、飲料水としても利用しております。
夏は冷たく、冬はあたたかく、年間を通じて一定の温度が保たれているのです。
こんな泉が出るところ住むのは、なんと贅沢なことでしょう
c0158301_14224354.jpg

牛小屋ではたくさんの大きな牛たちがおりました、ここで栽培されたお米のワラや牧草を与えてその糞は畑の肥料として使うまさに循環する命の営みがあります
それにしてもこのような巨大な動物はインドでもないかぎり街では一切お目にかかれないので貴重な経験です 
小さいころからこのような環境で育てば、花粉症などの現代病にもかかりにくくなることでしょう。
情けないことに毎年3月、4月は重い花粉症になやまされる私にはうらやましいかぎりです。
c0158301_14282152.jpg

豊かな穂をたたえる、無農薬、有機栽培の田んぼ、もち米や黒米なども栽培されております

c0158301_14331854.jpg

丘の上の牧草地の近くにたくましく育ったかぼちゃをたくさん収穫しました
天然染料で染めて織られた衣服はこうした自然の中がいちばん似合うとおもうのです
c0158301_14385089.jpg

夕食の支度、山からの間伐材ではじめてのかまど炊き体験       
オーナーのよし江さんの指導の下になんとか無事に炊き上げることができました
c0158301_14414733.jpg

ここで収穫されたお米、野菜を中心の夕食をいただきました、 
目の前の畑からこのように食卓に直結する現実は街で暮らす私たちにはとてもとても新鮮で貴重な体験です
本来あるべき人間としてのシンプルな暮らしのに触れる事ができて、子供はもちろん我ら夫婦にも大切な夏の思い出となりました。 
[PR]
by swaraj | 2010-09-01 14:46 | 日記 | Comments(0)