<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

機織の親子

c0158301_1027507.jpg

まちの小さな機織工房で地元産の羊毛で衣服のための生地やショールを織ってもらいました
まずは横糸の支度、糸車でくるくると横糸を巻き取っていきます
c0158301_10301962.jpg

このように細いストロー状の棒に巻き取った横糸を何個も用意します
c0158301_10313188.jpg

部屋めいっぱいに組み込まれた高機で幅広の生地を織り上げます
二人のリズムがそろわないと良い品はできあがりません
こうした親子で営む工房は他にもとても多くみられます、大型の機械などが少ないモロッコでは
まだまだ人間の手が大事な仕事を担っているのです
こうして織り上げられた生地を使った、衣服やショールは秋風の吹くころにスワラジのお店に並びます
c0158301_103642.jpg

この日のランチはアラビアパンにジャガイモ、ゆで卵、トマトとたまねぎとコリアンダーを刻んだサラダを入れ込んでオリーブオイルと塩で味付けしたサンドイッチ
肉は大量生産のシステムが無いためか、けっこう高価なのですが
こうした野菜や豆、芋などを中心とした食事は安価な上にお腹いっぱい満足できます
[PR]
by swaraj | 2010-06-30 10:40 | モロッコ | Comments(0)

手仕事のまち

c0158301_18493627.jpg

14歳のころ
社会科の教師は中東のイラクに長期滞在の経験がある人だった
授業中にしばしば雑談に入り、砂漠の地下にねむる井戸の話、スーク(市場)で肉が真っ黒になるくらいたかるハエの話、ハンマム(公衆蒸し風呂の銭湯)での垢すりの話など異国の人々の暮らしは少年のころの心に深い印象を与えてくれました
いつかそんな国々に渡り、人々の生活に触れ合うような仕事がやってみたいとおぼろげながら、年を経るごとにそんな思いを強く抱くようになりました
このブログはそんな筆者が北アフリカのモロッコにて地元の人々とともに、物作りに励む旅の記録です
c0158301_18572495.jpg

さてさてシェフシャウエンを去って、ここリフ山地にある職人のまちにたどりつきました
緑のドアに一面白い壁の職人街が古いモスクを取り囲むように続いております
ひとつひとつの間口はとても小さく、それぞれにおじさんたちがこもって手仕事に励みます
この街で今回の旅の目標のひとつであるスワラジの冬物、手つむぎの羊毛ショールと上衣の制作をめざします
c0158301_1975350.jpg

坂も多く道も狭く自動車などは入れないこのようなメディナ(城壁に囲まれたイスラム風の旧市街)で活躍するのはやはりろば。 今日もどこかであのすさましい悲鳴にも似た泣き声がこだまします。
[PR]
by swaraj | 2010-06-28 19:11 | モロッコ | Comments(0)

山へ

c0158301_15543625.jpg

やぎ皮のかばんと羊のニット帽子の注文を終えて、
この日はまちの北側にそびえる山に行ってきました
c0158301_15555427.jpg

山からみた街の姿、真ん中に少し緑があり城があるところが、メディナの中心です  
c0158301_15572788.jpg

今の時期は、日中気温が上昇するので羊が草をはむ姿は明け方か夕暮れ時しか見られないとのこと
こんこんと湧き出る泉で一休み。少し歩いただけてこのように飲料にも適した水が豊かなところです
c0158301_1625866.jpg

山から戻って後ランチには行きつけの食堂で野菜のクスクスとルベン(あまくないラッシー)をいただきました
c0158301_1682598.jpg

頼んでおいたやぎ皮のかばんの仕上がりもまずまずなので、次なる目的地にコマをすすめるとします
c0158301_1610940.jpg

全体が不思議な青色につつまれたこの美しい街で淡々と仕事のみ進めるのはほんとうに惜しいようです
できれば家族で一度訪れてみたいものですが、果たしていつになるのやら
[PR]
by swaraj | 2010-06-26 16:12 | モロッコ | Comments(0)

アースデイマーケット

c0158301_124489.jpg

明日、6月27日は代々木公園NKH前のけやき並木で恒例のアースデイマーケットに出店します
モロッコに行っている間に、夏の新作、モロッコパンツが届きました。
綿麻(生成り)、藍染、草木染の三種をそろえております、以前からのリスパンツより丈の短い
マチの少し小さくなったとても涼しげなかたちに仕上がりました。
モロッコで職人さんに作っていただいた、草編みのサンダル、皮のサンダルなどもぼちぼち出してまいります
梅雨真っ只中のマーケットですが、なんとかお天気がもちますように。

  
[PR]
by swaraj | 2010-06-26 12:52 | 出店の予定 | Comments(0)

リフ山脈へ

c0158301_6455527.jpg

カサブランカ到着の翌日、バスに乗り込み7時間ほどで北部リフ山脈にある街
シェフシャウエンに着きました。 
昔、モロッコは400年間のながきに渡り、スペインやポルトガルを支配しておりました、
その後、キリスト教徒の巻き返しにあいまして、地中海の対岸アンダルシア地方からたくさんのユダヤ教徒、
イスラム教徒の難民がモロッコ北部に受け入れられました。
そんなこんなで、今でも白や青を基調とした、古のアンダルシアの町並みがここでは大切に保存されております。
c0158301_6551654.jpg

とても小さな山間のまちなので、少し離れると山からのきれいな川が流れており、女たちはこぞって朝の洗濯におわれております
c0158301_6563045.jpg

朝夕は放牧している山羊なども多く見られます、昔ながらの生活をいまでも変わらず営んでいるのです
このあたりで取れた、羊の毛を使ったニットの帽子を今回作ってみました、
お店に並ぶのはまだまだ先の話ですが、11月から12月にかけてスワラジのモロッコ展をやってみたいと思います
c0158301_6592073.jpg

近隣から続々と、風呂敷に野菜などを背負った女たちが街にくりだします
街のちいさな広場などで毎朝マーケットが開かれるのです
c0158301_743085.jpg

ぼちぼちと街のちいさな広場にも集まりはじめました
この縞々のスカートに大きな麦藁帽の女性たちはベルベル人
イスラムがくるずっとずっと前から、北アフリカに長く住んでいた民族なのです
[PR]
by swaraj | 2010-06-25 07:07 | モロッコ | Comments(0)

旅立ち

c0158301_111438100.jpg

今年から、衣服の自給計画のために和綿の栽培でお世話になっている千葉県成田の有機農家、山木さんの畑で落花生の種まきを少しお手伝いさせていただき、畑かた直接空港まで送っていただきました。
それにしても広大な畑、これをほぼ一人で手植えで落花生のたねをすばやくまいていく山木さんの動きには感銘をおぼえました。  こうして、食べ物が大切に作られる現場を目にするととてもありがたく思われます。
c0158301_11285159.jpg

和綿の赤ちゃんたち、かなりの確率で発芽してくれました、さすがプロの有機農家さんです。
残念ながら畑への植え替えには間に合いませんでしたが、帰国するころにはまた大きくなっていることでしょう
c0158301_11303179.jpg

ながいながい飛行時間を経て、中東のドバイ経由で翌日モロッコのカサブランカに到着、電車で市内まで向かう途中にカメルーンから行商に来た青年と知り合いました。  
c0158301_1132529.jpg

旅のはじまりから、いきなり商いがはじまります。 本国からの工芸品を買わないか?とのお話
なんでも、王様の前にやし酒をそそぐ家来たちなど全員集合の図らしい、とても興味を惹かれましたが
いかんせん大きかったので断念しました。 
c0158301_1138915.jpg

カサブランカのメディナ(旧市街)に到着、はじめてここを訪れたのは今から13年ほど前
以来今回で6度目になりますが、道が狭くて迷路のように入り組んでいるここメディナの中は車も入れないのであまり昔と変わらず、旧知の広場の馬鹿野郎どもが陽気に迎えてくれました
c0158301_1141458.jpg

広場に面したところにある、わたしの定宿ホテルデザミ、いつでも家族のように接してくれます、
ちょうど夕方のおやつ時でしたので、あまーいミント茶とバターをはさんだフランスパンをいただきました
一泊80ディラハム(800円くらい)、狭い部屋は500円くらいもあります。
ここモロッコではトイレとシャワーが別であればだいたい千円前後で比較的清潔で独特の柄のタイルが美しい宿に泊まれます
[PR]
by swaraj | 2010-06-24 11:48 | モロッコ | Comments(0)

帰国

c0158301_1445149.jpg

先日無事に、北アフリカのモロッコより帰国しました、
すでに夏至を過ぎて、梅干の仕込みにかかる季節乾いた北アフリカの大地とはうってかわって、緑したたるモンスーンの梅雨時期にじょじょに体を慣らしていこうとおもいます
なにぶん遠方なので、行きはよいよい帰りは若干の時差ぼけを感じます

フランス語圏のモロッコではおもうように旅の記録をお伝えできませんでしたので
後日改めて、少しづつ旅の記録をのせていこうかと思います
[PR]
by swaraj | 2010-06-23 14:53 | 日記 | Comments(0)

at the edge of Rif mountain

c0158301_7141914.jpg

senjitu chuumon shiteita ifuku ya shawl wo uketorini Rif mountain no katasumi ni
aru machi ni ikimashita
c0158301_7144568.jpg

chiisana koubou de housei wo onegaishimashita
c0158301_71558.jpg

kochirawa hataori koubou ookina haba no kijimo oyako de rhythm yoku
hataori wo shiteimasu konkaiwa omoni skirf nado wo onegaishomashita
c0158301_7152812.jpg

chikaku de sodaterareta hituji kara ito wo tori tumugi
teori tenui de shitateta

ashita no hikouki de kikoku shimasunode
mata nochihodo nihongode kuwashiku otutaeshimasu
[PR]
by swaraj | 2010-06-20 07:11 | モロッコ | Comments(0)

look at the peak

c0158301_62316.jpg

marrakech kara casablanca wo hete bujini koko chefchaouen ni tukimashita
chefcaouen toiu machi no namaewa arabia go de look at the peak to iu imidesu sononao toori yama ni hebarituku youni machi ga turanattute imasu
c0158301_6265372.jpg

mukashi spain no andarucia chihou karano imin ga ooku kurasu kono machiwa
morroco no machi no nakademo kiwamete utukushii keikan wo tamottute
orimasu. kokodewa omoni yagino kawano kaban ya nit no boushi nadowo
tukuri mashita .
kikoku shitara aratamete shoukai shimasu .

ashita futatabi mouhitotuno riff mountain no machi wo keiyu shite
casablanca ni modori iyoiyo kikoku no to nitukimasu .
[PR]
by swaraj | 2010-06-19 06:31 | モロッコ | Comments(0)

casablanca

c0158301_23201326.jpg

koko marrakech deno kawa no sandal no shigoto wo hitomazu oete
konya casablanca ni modori . ashita no asa futatabi kitano yama ni ikimasu
hayaitoko kono kansoushita hororimamire no marrakech wo nantoka
detaimono desuga . ikansen shigoto shidai desu.
c0158301_23233646.jpg

casablanca wa totemo ookina machi desuga
old medina no nakawa kuruma mo naku mukashikarano seikatu ga
mamorarete imasu .
kawaita konomachi ni iruto umikage no casablanca ga koishii.
[PR]
by swaraj | 2010-06-17 23:25 | モロッコ | Comments(0)