<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ピタ作り

c0158301_9483434.jpg

このところ、毎週火曜日のお休みはピタ作りをしております。
ピタとはチャパテイ(全粒粉の小麦粉)にイーストを加えて、少しだけふわっとなったもの。
昨日のピタは気候がよかったのか、発酵の具合もちょうどよくできました
塩に加えて、ほんの少しキビ粗糖を加えたのがよかったのか、
お出かけあとでしたので、西荻窪のとらやでいもサラダを買い、葉っぱとプチトマトそれに
ゴマペーストに少しのオリーブオイルを垂らしていただきました。
 
[PR]
by swaraj | 2009-09-30 09:56 | Comments(0)

秋のブレス

c0158301_17251854.jpg

このところ、衣服の製作がひと段落したので、
ブレス作りを続けております。
左はカーネリアンのビースを小さなインドシルバーではさんだもの
右はふぞろいのフローライトで仕立てております
細い糸ですがしっかりと編みこんでいるので、長持ちするかと思います。
これから秋のイベントへ向けて、少しづつさまざまな色の石を組み合わせてそろえていこうかと思います。

    
[PR]
by swaraj | 2009-09-27 17:28 | アクセサリー | Comments(0)

ファラフェル


c0158301_17243611.jpg
連休明けまして、24日25日と二日間のお休みの間
中近東の菜食サンド、ファラフェルをもとめて、
赤坂にあるピタザグレートというお店にいってきました。
ファラフェルとは、ひよこ豆のコロッケをゴマソースと野菜やピクルスなどを一度に
ピタ(チャパテイのふっくらしたパン)にぶちこんだもの。
全粒粉の甘い香りを異国情緒あふれるスパイスの効いた味、 
いままでいただいた中でもかなりのボリュームに満足しました。
c0158301_10265514.jpg



粉まみれの店の親父も、ピタ焼き機がおいてある店の内装も統一感があり、
いかにもピタ工房の雰囲気がありよい。

残念ながらカメラの調子が急に悪くなってしまって、かんじんの写真が
お店できなくてすみません。
[PR]
by swaraj | 2009-09-25 10:32 | 日記 | Comments(0)

アースデイマーケットと芋麻ブレス

c0158301_13295364.jpg
秋分を迎えまして、
早くも彼岸花が枯れ始めているのをよく目にします。
今年は季節の進みが暦より少しばかりはやいようです、

連休も終盤を迎えましてスワラジ工房
9月23日毎月恒例のアースデイマーケット(代々木公園ケヤキ並木)に出店します。

福島県昭和村で収穫して糸にしておいた芋麻(ちょま又はからむし)
と草木染の糸を組み合わせてブレスレットを作りました。
少しづつでもこうした、国産の繊維を使った品づくりを進めてまいります。
[PR]
by swaraj | 2009-09-22 13:40 | アクセサリー | Comments(0)

藍でつつむ

c0158301_14544658.jpg

今年の夏は秋衣服のしこみにおわれておりましたので、9月は
ごぶさたしていた、草木染の手つむぎの糸などを用いた石つつみネックレスの制作をしております。
写真は本藍染めとが主に、ラックプラス草木染めのえんじを少し使いました品
石は、素朴なアンデス産のラピスラズリです。

10月のイベントにむけて、さまざまな色を取り揃えてまいります。
[PR]
by swaraj | 2009-09-18 14:59 | アクセサリー | Comments(0)

和綿ひらいて

c0158301_1014518.jpg

お彼岸も近くなりまして、我が家の和綿がぽつぽつとひらいてきました。
これは、茶綿といいまして、生まれつき茶色の和綿です。  
ちかごろの陽気が続きましたら、つぎつぎに収穫できるでしょう。
10月には、糸車でつむいでブレスレットなどに仕立てようかと思います
ささやかながら繊維の自給を続けていきたいものです、そしていつの日か
和綿で自分たちの衣服を作るのです。
[PR]
by swaraj | 2009-09-16 10:06 | 日記 | Comments(0)

石包みワークショップ

c0158301_9241952.jpg

日曜日はお店の裏にて石包みネックレスのワークショップをやっておりました。
最初のワークショップの復習をみなさん怠ることなくされていたので、
やや前回より難易度の高い、今回のワークショップも比較的スムーズにすすみました。
左から瑪瑙、カーネリアン、水晶、ローズクォーツ、テクタイト

10月はイベント出店が忙しいので、また11月あたりからこのようなワークショップを開いてまいります。
[PR]
by swaraj | 2009-09-14 09:34 | ワークショップ | Comments(0)

我が家の和綿

c0158301_8372744.jpg

庭の和綿も、旅にでている間にすくすくと成長しまして、たくさんのつぼみをつけております。
和綿は西洋の綿とは違い、日本の寒冷な気候に適応してきたので、
下をむいて、花を咲かせます どこか奥ゆかしいものです。
今年は夏の日照時間が極めて少なかったので、収穫量は減ってしまうでしょうが
種は来年につなげます。
[PR]
by swaraj | 2009-09-11 08:41 | 日記 | Comments(0)

アリサンマーケットデーに出店

c0158301_11372356.jpg

9月5日(土)はオーガニックセンターアリサンで開かれるアリサンマーケットデーに出店します。

昨年から参加させていただいているこのイベントは
高麗川のせせらぎのすぐそばにある、アリサンの駐車場で開かれている、
手づくりマーケットです。 
アリサンの食材もこの日だけは15パーセントオフなので、これも楽しみのひとつ

都会の喧騒を離れて、山郷にて静かな週末を過ごしましょう。
[PR]
by swaraj | 2009-09-04 12:26 | 出店の予定 | Comments(0)

カレン族の村を訪ねて

c0158301_14562212.jpg

帰国してから数日間はあわただしい旅のつかれか、ずいぶんと久しぶりに寝込んでしまいましたが
おかげさまで、なんとか回復。
今回は腰機織りの研修のため滞在した北タイの村よりさらに山奥へいった時のお話です。
さすがにここまで来ると、道は舗装されておらず、民家に使われている素材もトタンなどではなく
地元産のものばかり、人間の暮らしが空と大地にとけこんでおります。
c0158301_14564342.jpg

家の軒先にはこうして、竹で組まれた、高床式の小屋がありまして、
機織などの作業や休憩スパースに使われているようです。
みなさんの衣服は繊維を紡いで、染めて、織って、仕立ててをすべて自給されております。
家の周りには、藍やその他草木染の染料に用いる木々が植わっておりました。
c0158301_1581876.jpg

昼下がりの暑い時間の来訪でしたので、お父さんも家にいて、こうしてリラックスしておりました。
カレン族では、結婚前の女子は白い貫頭衣に身を包み、結婚後にはじめて巻きスカートと白ではない
短めの筒頭衣をきる事が許されております。
お父さんのタイパンツのはき方もこの上なく粋です。

およそ6日間、今回の旅の中で、カレン族の人々を寝食をともにして、
オーガニックライフとは? エコロジーとは? 深く考えさせられました。
おおいなる自然をともに調和して暮らすシステムを昔と変わらずに維持し続けている彼らからは
多くのことが学べると思うのです。
まずは、腰機織り
めざすは国内でとれた繊維からの衣服の自給をめざします。
[PR]
by swaraj | 2009-09-01 15:21 | タイ | Comments(0)