<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

草木染のチベタンチュニック

c0158301_16484633.jpg

今週末のアースガーデンも近づいた、ここにきてようやく以前から暖めていたチベタンチュニックの女の人向けの品を改良を重ねて完成しました。
チベットの伝統女性衣に習いまして頭からかぶった跡に後ろのひもでゆるく締めるものです。
今回はこの一着のみなのですが、春のアースデイにはさまざまな草木染の色をとりそろえて臨みたい
ものです。
[PR]
by swaraj | 2009-02-26 16:54 | 衣服 | Comments(3)

春の豆

c0158301_1423355.jpg

写真は今年初のグリーンピースとじゃがいものスープ。

雨水過ぎて、ミモザの咲くこの時期ならではの味覚なのです。

初めてモロッコの農村に滞在したときもちょうど、このころ、
畑では家族と総出でみずみずしいグリーンピースの収穫をしておりましたのをいまでも鮮明に思い出されます

おなかも満たされたら、今週土曜日のアースデイマーケットに向けてせっせと作業にいそんでまいります。 

当日、お天気に恵まれますように
[PR]
by swaraj | 2009-02-19 14:36 | 日記 | Comments(0)

2月の予定

タイ、ラオスの旅より帰国後、ようやくここでひといき。
2月19日 木曜日 臨時のお休みをいただきます、
来週以降は いつもと同じく 火曜日休みに戻しますのでよろしくお願いします。

さてさての2月の予定です

 2月21日アースデイマーケット代々木公園NHK前で開かれる有機野菜たくさんの朝市
 
 2月28日 3月1日 アースガーデン冬季節ごとに開かれているクラフト市今回は浅草での開催

   
 
[PR]
by swaraj | 2009-02-11 18:47 | 日記 | Comments(0)

天然の洗剤

c0158301_9435743.jpg

c0158301_9441514.jpg

今回ラオスで、レモンの洗剤作りも手伝わせてもらいました。
ジャムになりそうな、ぐつぐつに煮たレモンをせっせと裏ごしして、やしの油と塩を灰で
ぐるぐる混ぜると、天然の手作り液体洗剤の出来上がり。
糸を染める前に一度このように足でぐいぐい踏みつけて、糸を洗ってから染めると
とてもきれいに染まります。
売れない、キズモノのレモンがどこかにあまっていたら、ぜひやってみたいものです
染めた後、織り前に、もう一度お米の汁で煮て洗ってから、縦糸をとっていくのです。
ほんとうに、いろんな道のりを経て、布はできていくのですね、
今回の旅はとてもおおきな学びの旅となりました、日々の精進でこれを生かして参ります。
[PR]
by swaraj | 2009-02-10 09:55 | ラオス | Comments(2)

帰国

おかげさまで、昨夜の深夜便でバンコクより無事に帰国しました。
さまざまな、書類の整理や、まめまめとした事におわれておりますが、
なんとか水曜日くらいにはお店を再開できるようにします。
行きも帰りも、早朝の便でしたので、真っ白な雪をかぶった神々しく光輝く富士の山に飛行機の窓からごあいさつできました。
さて明日からさっそくワークショップが入っております。
ラオスの茶綿をガンジーチャルカで紡ぐのが、楽しみです。
[PR]
by swaraj | 2009-02-08 16:43 | 日記 | Comments(2)

帰国へ

c0158301_17433455.jpg

おかげさまで、なんとかできる限りの仕事を終えて、帰国の途につきます。
今チェンマイは花まつりの真っ最中なので、交通量もいつもより多く 幾分か、せわしなく感じられます。
いつもは夜行列車にゆられてバンコクまで行くのですが、今回だけは飛行機で直接
バンコクの空港まで向かい、乗り継いで 深夜の便で帰国の予定です。
さあ今から荷作りに入りましょう。

写真は宿のベランダから見たドイステープ、 ここチェンマイはちょうど京都のように
東西南北が明白なのです。 
ただ旧市街の周りはお堀で囲われ城壁の跡が、大陸の風情を今に伝えます。
[PR]
by swaraj | 2009-02-07 17:53 | 日記 | Comments(0)

チャイでひといき

c0158301_18455719.jpg

ここチェンマイは古より中国雲南省とビルマのインド洋とを結ぶ、イスラム商人による交易の要所として栄えたのです。 ナイトバザールのあたりには今でもモスクがありまして、
かつてと同じように、多くのムスリムの人々が暮らしております。
やぎ乳のチャイをすすりながら、チャパティをほうばり、キャラバンの昔におもいをはせるのも
ここチェンマイの楽しみのひとつなのです。
現在の町並みは、どこか御徒町を思わせる様ではありますが、アザーンの祈りの声が
異国情緒を誘います。
[PR]
by swaraj | 2009-02-06 18:55 | Comments(0)

ベジタリアン食堂

c0158301_2251812.jpg
c0158301_2251178.jpg

ここチェンマイではあまたの菜食食堂があります。
お寺の戒律は日本よりすっと厳しく守られているでいでしょうか、お坊さんのみならず、けっこう地元の人々の
姿も多くみられて、気軽な料金で好きなだけさらさらっといただけるのです。
日本にもこのように菜食が気軽に根付いたらどんなにうれしいことでしょうか。
おかげさまで、すっかり元気になりました。 

写真上は川のりと白菜のスープに野菜炒め。  
  下は豆腐と青菜、しょうがのたっぷり効いたスープ。
[PR]
by swaraj | 2009-02-05 22:58 | 日記 | Comments(3)

チェンマイ到着

c0158301_0453821.jpg

おかげさまで、久しぶりにこうして落ち着いて更新できます、
夕日のメコン川を渡りラオスから、タイ東北地方を通過して、藍染タイパンの里プレーに滞在後、ようやくここチェンマイに無事にたどりつきました。
旧市街のはずれの静かなところに宿をとりまして、今宵はゆったり休ませていただき、
明日から最後のお仕事の仕上げにかかります。
[PR]
by swaraj | 2009-02-05 00:52 | 日記 | Comments(0)

機織り

c0158301_2053507.jpg

紡いだ糸を染めて、お米の汁にひたして、乾かして、縦糸を大きなパチンコのようなものにかけて、オサに通して一本一本指先でつなげてようやく機織りにセット、
それから また シャトルに入れる横糸のために、糸車でちいさな糸巻きを何個も作り
こうして機織りをはじめることができました。
やってみますと、なかなか容易ではありませんが、やってみないとわからない事ばかり
ですので、短い間ですがおかげさまでなんとかこうして念願の機織りにいそしんでおります。

明日はラオス最後の日、予定よりもずいぶんとながく滞在してしまいましたが、多くの学びを得ることができました、これをなんとか次につなげたいものです。
[PR]
by swaraj | 2009-02-01 21:06 | 日記 | Comments(2)