<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ろばの話

c0158301_22153863.jpg
かれこれ10年ほど前になりましょうか、モロッコの田舎の農家にて住み込みのお手伝いをしておりました。  らくだを はじめ、 牛やら 羊 やら たくさん おりましたが 中でも私のお気に入りはなんといっても 2頭の親子ろばさん。  過酷な労働に耐えながらも いつもうつむき加減のその瞳は実に愛らしく。 他の 家畜らとは ちがって 角もないし 毛並みもさらさらしていて、そのうえ従順。 それでも地元の人々は ろばを馬鹿の代名詞にしているよう。、あのすさましくみにくい哀愁を帯びた泣き声は ろばとして生まれてきてしまった宿命をなげいているようです。 一度ろばに乗りまして斜面を下っていたときに、急にろばくんが進みだすものですから思わず落馬してしまったこともありました、かたい北アフリカの赤茶けた大地に腰を強打してうめいておりましたが、連れのムスタファさんはけらけらと笑うばかり。    
それから親戚のおばあさんがしばしば 小さなろばに乗ってやっきて、午後の女たちとのおしゃべりをおえて帰っていく様はなんともいえないほど、牧歌的で いまでも思いだされます。   

日の本では今日春一番が吹きました。 
                                いまごろは大西洋をのぞむモロッコの海辺
                                に咲くミモザも盛りを迎えていることでしょう
[PR]
by swaraj | 2008-02-23 22:49 | 日記 | Comments(0)

代々木の朝市感謝祭に参加

c0158301_13325033.jpg
先週の日曜日に三軒茶屋にある新しくできたカフェ オハナさんにて開かれました
代々木の朝市アースデイマーケットのみなさんが集う感謝祭にいってきました。
ベジタリアン料理を囲みながら、わいわい がやがや 出店仲間や主催の方々との楽しいひと時を過ごすことができました。
今年初のアースデイマーケットは3月15日土曜日になります。 
新鮮な有機野菜も作り手から直接買えますので、出店のみならず買い物も毎月の楽しみのひとつなのです。



撮影 あゆみさん
[PR]
by swaraj | 2008-02-20 13:48 | 日記 | Comments(0)

チャパティのお話

c0158301_1193440.jpg  
朝のチャパティとお茶のせてみました。
、北海道の全粒粉と強力の小麦粉を適当にまぜて、
お塩とぬるま湯でこねるだけ、 一晩寝かせて 、 フライパンでいつでも簡単に
焼きたてのパンが 楽しめます。
西アジアはザクロス山脈のふもと、人類最古の農耕の記録とともに、
チャパテイは主に南アジアに受け継がれています。
いい小麦粉を使えば、だれでも手軽にホカホカのパンのルーツがいただけます。
我が家では 主に豆料理と ともに 食する機会がおおいのです、
ぜひみなさんおためしください。
[PR]
by swaraj | 2008-02-12 11:18 | 日記 | Comments(1)

小春日和

c0158301_117236.jpg
前日の雪もどこへやら、今日は比較的あたたかい日曜日でしたので、近くの善福寺の池のまわりを散歩しました。
小春日和の日向の猫ほど平和なものはない。そういえば鳩が平和の象徴とされているみたいだけど、私にとってこのような猫たちは、かぎりなくこころ穏やかにしてくれるのです。  

お店は善福寺公園から歩いてそんなに遠くないので、 ほとんど毎日足を運びます。

冬でも枯れない、照葉樹の林の木漏れ日が、なんともいえずにすきなのです。

できれば 公園の目の前に 住みたいくらいです。

東京とはいえども、ほんとうに こまやかな季節の移ろいがあります。
[PR]
by swaraj | 2008-02-10 22:39 | 日記 | Comments(0)

今宵の夕食

 それにしても すごい雪ですね、スワラジ通信の更新、 なれない手つきですが
 やっていきます。
 このところ活躍している我が家のかわいい土鍋二人組みを紹介します。c0158301_21491843.jpg
 左は伊賀焼きのかまどさん、これで飯をたきます。
 右はタジン 北アフリカの郷土料理に使われる鍋なのです。
 
 どちらも産地のところは変われども二つ並ぶとまるで遠い昔からの
 仲良しさんのようです。
 
 土鍋はうまく使えば熱効率の非常に優れたものですし
 なにより味わいがとてもとてもふかまります、
 おまけにタジンは調理道具とお皿を兼ねているので
 洗いの手間も省けます、
 c0158301_21572529.jpg
 今宵はレンズ豆の煮込みをつくってみました、
 私 スワラジ店主は かつて モロッコに長く滞在したこともあります、
 そんなわけで いまでもこうして 頻繁に素朴な豆をつくりのです。
 さらさらしていて、ご飯にとてもあうのです。 是非皆さんもおためしください。  
 
 チャパティー などと 食べても 最高においしくなります。

 そんなこんなで、 食べ物の お話を 今後とも のせていこかとおもいますので。
 
 みなさん楽しみにしていてください。
[PR]
by swaraj | 2008-02-09 22:05 | 日記 | Comments(0)

スワラジ工房 ホームページ あけましておめでとう

スワラジ工房のホームページ

http://swaraj.gozaru.jp/    

c0158301_165059.jpg


おかげさまで、 イラストレーターのブージルさんの 手を借りて 、

お店のイメージにぴったりの ホームページが できましたことを、 お知らせします。

そうです、 今日 2月7日は 和暦の 元旦 昨夜までの 冷たい雨も あがって

民家の軒先から したたるしずくは 光り輝き 、 善福寺公園の 木洩れ日にすける

水晶のような朝露は それはそれは 美しく 、 新しい年の 幕開けにふさわしい日でした。

こんな日に スワラジ工房の ホームページを オープンできたことを、

ありがたくおもいます。 

みなさん 末永く 我らの活動を 見守ってください。    
[PR]
by swaraj | 2008-02-07 15:50 | 日記 | Comments(1)