カテゴリ:アクセサリー( 42 )

トルコ石のピアス

c0158301_16481263.jpg
  
白露すぎて、ようやく秋風が吹いてきました
近頃はこのようなちいさいピアスをラピスラズリーやカレンシルバーなどを組み合わせてつくってます
どうも私は大きなジュエリーよりもこのようなちいさなものを作る方が得意のようです

明日の9月11日は築地本願寺で行われる平和フォーラムに出店するためお店はお休みになります。
久しぶりにアースデイマーケットの出店仲間を顔をあわせるのもまた楽しみです
[PR]
by swaraj | 2010-09-10 17:01 | アクセサリー | Comments(0)

天然石のネックレス

c0158301_11294647.jpg
 
このところ、ホームページの更新にあわせてアンバー(松脂の化石)やトルコ石の原石などを組み合わせて
新作のネックレスをつくってみました。
細く裂いたレーヨンの糸を4つにわけて、細かく編みこんだ紐をつかっているので、堅牢なつくりになっております
c0158301_1133998.jpg

とても小さなビーズ状になったトルコ石をさまざまな天然石やアンティークビーズなどと組み合わせた
ネックレスとブレスレットです 

8月はアクセサリー作りを中心に、冬の衣服の試作をすすめてまいります。
明日は代々木公園NHK前で開かれるアースデイマーケットに出店します
[PR]
by swaraj | 2010-08-14 11:37 | アクセサリー | Comments(0)

緑とピンクのアクセサリー

c0158301_13315978.jpg


13歳のころ
ブラジルにサッカーの合宿で滞在したことがあります、中学を卒業した後はとんとサッカーには縁のない生活にはいっていきましたが、私にとっての初めてのThird worldの強烈な印象は20年前のブラジルなのです。

近頃、友人からお借りした昔のブラジル音楽ばかり聞きながら作業しておりますので
サンバ学校にみられるような、緑とピンクを基調とした色のアクセサリーをアジア、アフリカを旅して出会ったビーズを組み合わせてつくってみました

緑はまず藍染めしてからさらにマンゴ樹皮で重ねそめることで得られます
鮮やかなピンクはラック貝殻虫を煮出して染めます  
[PR]
by swaraj | 2010-08-01 13:36 | アクセサリー | Comments(0)

手つむぎ黒檀染めのアクセサリー

c0158301_1585252.jpg

昨日に引き続いて、糸車でつむいだオーガニックコットンを黒檀の実で染めた糸を使い
さまざまなアンティークビーズなどを組み合わせてネックレスとブレスレットをつくりました

使うほどに肌に馴染むのは手つむぎ糸ならではのものです、シンプルな作りゆえに修復も何度でもできます
[PR]
by swaraj | 2010-07-31 15:13 | アクセサリー | Comments(2)

手紡ぎ、藍染めのアクセサリー

c0158301_15253995.jpg
 

7年前、ガンジーの糸車に出会ってから、手つむぎのお店のための最初の作品が
旅で出会ったビーズなどを組み合わせて作るオーガニックコットンの手つむぎアクセサリーでした

このところ、モロッコの仕事や衣服の製作などを進めておりましたが、
時には初心に戻って、8月は気軽に楽しめる手つむぎのアクセサリーなどの製作をすすめていこうかと思います
[PR]
by swaraj | 2010-07-30 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

栃の実とむくろじ

c0158301_12533497.jpg

秋に収穫した木の実をつかって
ネックレスをしたててみました。
左はとちの実 右はむくろじ
縄文の昔よりわれわれ日本人が親しんできた木の実と
旅先であつめましたさまざまなビーズとの組み合わせです。
[PR]
by swaraj | 2009-11-08 12:57 | アクセサリー | Comments(0)

生葉染めとむくろじの実

c0158301_1463246.jpg

先日アースデイマーケットの出店仲間、koho naturalgardenの美緒さんにいただいた
藍の葉っぱで、台風一過の朝に手つむぎの綿を染めてみました。
茎から葉っぱをそぎおとし、その葉を包丁で刻んで水を入れたたらいに浸しお酢を注いで
ひたすらもみこむ事30分、独特のねばりとともに少しづつ色がでてきました
すでに藍の花が咲いてしまっていたからでしょうか?
想像していたような藍の色とはちがい、淡い緑色の染液をふくろで濾してから
あらかじめ、お湯で不純物などを取り除いた糸を染めていきます。
仕上がりは、なんとも淡い緑色になりました。

とりあえず種は採取できたので、来年つなぎます。
c0158301_14144667.jpg

染めの後、近くの公園にあるむくろじの木の実を採取
このねばねばした皮を取り除けば、
漆黒の実があらわれます、これに小さな穴をあけて、アクセサリーに使用するのです。
[PR]
by swaraj | 2009-10-09 14:17 | アクセサリー | Comments(0)

秋のブレス

c0158301_17251854.jpg

このところ、衣服の製作がひと段落したので、
ブレス作りを続けております。
左はカーネリアンのビースを小さなインドシルバーではさんだもの
右はふぞろいのフローライトで仕立てております
細い糸ですがしっかりと編みこんでいるので、長持ちするかと思います。
これから秋のイベントへ向けて、少しづつさまざまな色の石を組み合わせてそろえていこうかと思います。

    
[PR]
by swaraj | 2009-09-27 17:28 | アクセサリー | Comments(0)

アースデイマーケットと芋麻ブレス

c0158301_13295364.jpg
秋分を迎えまして、
早くも彼岸花が枯れ始めているのをよく目にします。
今年は季節の進みが暦より少しばかりはやいようです、

連休も終盤を迎えましてスワラジ工房
9月23日毎月恒例のアースデイマーケット(代々木公園ケヤキ並木)に出店します。

福島県昭和村で収穫して糸にしておいた芋麻(ちょま又はからむし)
と草木染の糸を組み合わせてブレスレットを作りました。
少しづつでもこうした、国産の繊維を使った品づくりを進めてまいります。
[PR]
by swaraj | 2009-09-22 13:40 | アクセサリー | Comments(0)

藍でつつむ

c0158301_14544658.jpg

今年の夏は秋衣服のしこみにおわれておりましたので、9月は
ごぶさたしていた、草木染の手つむぎの糸などを用いた石つつみネックレスの制作をしております。
写真は本藍染めとが主に、ラックプラス草木染めのえんじを少し使いました品
石は、素朴なアンデス産のラピスラズリです。

10月のイベントにむけて、さまざまな色を取り揃えてまいります。
[PR]
by swaraj | 2009-09-18 14:59 | アクセサリー | Comments(0)