カテゴリ:未分類( 474 )

生命の樹

c0158301_15125813.jpg

My spirit tree.
長雨の間にほんのかすかなお日さまの光を浴びに私のお気に入りの樹に、ごあいさつ

スワラジのヘンプ布の産地ベトナム黒モン族のシャーマンはそれぞれスピリットツリーという樹を大切にしています。
シャーマンはファミリーに災いがこないようにお祓いのセレモニーをしたり、元気がない人の話をきいて寄り添ったりするのがその役目、そんなシャーマン自身も疲れるときもあるだろうから、きっと1人で樹との対話にふける時間が必要なんだろうなあ。

この頃は大きいイベント出店なども少なくなり、細々と自分で展示やワークショップ、演奏などの企画に携わることが多いので、時々こうして樹とお話しする時間が大切なのかもしれない。
[PR]
by swaraj | 2017-10-17 15:12 | Comments(0)

冬の始まり

c0158301_12260568.jpg

c0158301_12260559.jpg


もろもろイベントやワークショップ終えたのでお待たせしていたオーダー作業
ストーブにトルコのチャイポットかけて
いよいよ冬の訪れを感じます
[PR]
by swaraj | 2017-10-17 12:20 | Comments(0)

久しぶりに朝食準備

c0158301_07255119.jpg

このところ朝食の準備を怠けていたので、今朝は久しぶりにチャパティとフムス、チャパティの種は昨夜から仕込んでいましたが、豆も昨晩に煮ておけばもっと手早くできたかも。 キメの細かい全粒粉を混ぜるのでチャパティは膨らみやすい。 酵母の入れない小麦本来の香りを味わえるからチャパティが好きです。
[PR]
by swaraj | 2017-10-12 07:25 | Comments(0)

いよいよ

c0158301_13003742.jpg

c0158301_13003852.jpg

c0158301_13003901.jpg

ひつじかいの音楽会、スワラジのショウルーム入り口から地下へのハシゴ階段おりれば会場になります。
中央アジアのキリム、西荻窪エヌハーベストさんにお借りしました〜 ハシゴ階段は狭いので奥の階段にもご案内できます。
[PR]
by swaraj | 2017-10-07 13:00 | Comments(0)

ひつじ飼いの音楽会の準備

c0158301_15173982.jpg

いつも作業しているアトリエの大掃除も兼ねて明日のひつじ飼いの音楽会の準備、布の棚や書類の棚をどけると思ったよりも広く感じる、ちょうど日暮れ時になりますのでラオスのミツロウキャンドルも灯してみようと思います。
以前は民族楽器などができる知人が少なかったので、作曲したり、編曲したりした音源をもとに演奏していましたが、最近はありがたいことに、素晴らしい演奏家の友人にも恵まれて楽器同士の響き合いに耳をすませる機会が増えてきたのはとてもとてもうれしいです。
ひつじ飼いの笛カヴァル、ネイの石田秀幸さん、サズの石田美香さんをメインに中世古楽器プサルテリウムのサリランさんと私のクレタンリラでも何曲かご一緒させていただきます。
まだ残席ありますので、お近くの方よかったらどうぞ〜
[PR]
by swaraj | 2017-10-06 15:17 | Comments(0)

ロバの音楽会にて

c0158301_17261407.jpg

古楽で有名なロバの音楽座のコンサートに先日初めて行ったところ、演奏の最後にみなさーんやってみませんか?と聴衆に参加を呼びかけるコーナーがあり子供たちに混じってはーいと手を挙げたら はいそこのあなたと呼ばれてハーデイガーデイで演奏に参加させていただきました。 ステージが終わりcb売り場で係の女性が来ている服に見覚えがあるなあと思いきやなんと先日8月に横浜に納品した私の作品! うーむご縁とはとっても不思議なものです。
[PR]
by swaraj | 2017-10-05 17:19 | Comments(0)

ハトのお墓

c0158301_09571161.jpg

久しぶりにイベントのない週末の朝、夏の終わりごろから庭に巣を作っていた鳩さんが何者かの襲撃にあって死んでいたので、うちのうちに掘り返されないように少し深く掘りブロックをかぶせてお店の傍に埋葬しました。 巣立ち直前だったのに無念ですが、ここからきれいな花が咲きますように。
[PR]
by swaraj | 2017-10-02 09:56 | Comments(0)

ひつじ布のワンピース

c0158301_13170929.jpg

c0158301_13171007.jpg

c0158301_13171134.jpg

c0158301_13171131.jpg

来週土曜のひつじ飼いの音楽会に合わせてショウルームもオープンしますのでモロッコのひつじ布で作りました。
生地は厚手なので、ふんわり軽やか、見返し、ポケットにはヘンプ布をちくちく、植物性と動物性は相性がとてもいい、
ボタンはベトナム山岳民族に学んだ手法になります。
布のストックがそれほどないのでこちらも受注生産になります。
[PR]
by swaraj | 2017-09-30 13:16 | Comments(0)

ネパールのサーランギと

c0158301_16244831.jpg

先日のキリムに綴る音楽会ではバタバタしていて写真がとれなかったのですがネパールのサーランギをお持ちの方が来られたので擦弦楽器ファミリーの記念撮影、見た目よりものすごーく重いネパールサーランギにびっくり❗️ 魂柱がないので胴体にあまり響かずに自分で弾いてる音は聞こえにくそうですが、サウンドホールから一直線に音が飛んでいくなんとも不思議な構造〜
革張の擦弦楽器もとっても魅力的です。
[PR]
by swaraj | 2017-09-27 16:12 | Comments(0)

黒い羊飼いのコート

c0158301_12253742.jpg

c0158301_12253701.jpg

c0158301_12253815.jpg

c0158301_12253941.jpg

Hemp jacket dyed by natural fermented indigo plus ebony fruits.
先日に続き、黒檀染にリュウキュウ藍染を重ねて自然な黒に近いような色の羊飼いのコートを作りました。 北アフリカの伝統に従い、サイドの穴はポケットではない、ただの穴ですが、これがなかなか旅先などでも便利なのですがご希望の方はここにポケットも追加オーダーできます。
でっかいトンガリフードは中世ヨーロッパを思わせますが、北アフリカでもお馴染みのかたち、大きいのには日差しよけの実用的な意味もあるのです。 こちらも生産数が限られるので受注生産になるかと思われます。
ボタンはミャンマーの山岳民カチン族のもの、まーるい形がボタンループにフィットして使いやすいのです、このアイデイアはベトナムの山岳民族から学びました。
[PR]
by swaraj | 2017-09-21 12:24 | Comments(0)