2015年 01月 24日 ( 2 )

ラオルー族2

ラオルー族の村でヘンプとシルクの融合した布があるとのことで、はるばるきたので。 明るい縁側でじっくり糸を検証しているとなんと私のパコールとフィルさんのサングラスをかけて奥からお姉さん登場
したので、みなさん大笑い。 この村は気候も温暖で人口は少ないのですが田畑は豊かなのでとてもおおらか、微笑みの里なのです。
よくよく糸をみたらヘンプではなく縦糸にコットンとシルク、横糸に本藍染のコットン糸で独自の技法を用いた布ということが判明。
いずれにせよ、手紡ぎのコットンの質は高く刺し子みたいに分厚くなる技法がとても魅力的なのでまずはサンプルを頼んでみることにしました。
彼らラオルー族は約800年前に中国から移住してきたとのこと、
どうりで温暖で広々とした土地に住んでおわれる。
モン族はもっと時代をくだって約300年前に同じく中国から移住してきたとききます
後発なのでサパのような谷間の平らな土地が少ない霧深いところに定住しているのでしょう。
気候にあわせてそれぞれの土地で栽培できる繊維も変わってくるのはとても興味深い。
c0158301_10101494.jpg

c0158301_10101547.jpg

c0158301_10101629.jpg

c0158301_10101743.jpg

[PR]
by swaraj | 2015-01-24 10:08 | Comments(0)

ラオルー族1

サパに在住しています、英国人フィルさんのあとについて、宿をシェアしている中国人青年ヤンくんのバイクで標高2200mの峠を越えて45km山の向こうにあるラオルー族の村へ向かいました、朝方サパは濃厚な霧に包まれていたのですが標高があがるにつれて南国の日差しいっぱいの快晴に、
峠から眺めれば水蒸気が山にぶちあたりどんどん雲が生まれているのがよくわかります。まさに雲の住処。
道中工事現場があり、砂利と水がまかれていたところで思わぬ転倒! 一瞬何が起きたのかわからないうちに道に倒れておりましたが、ほとんど怪我はなく無事に村へ到着、たった45kmなのに村人の衣服や雰囲気はサパとはまるで異なります、ラオルーとはラオス系の人々なので私の拙いラオス語もかろうじて通じました。
c0158301_1062946.jpg

c0158301_1063071.jpg

c0158301_1063160.jpg

[PR]
by swaraj | 2015-01-24 10:05 | Comments(0)