<< 郊外の空気 6/18中世古楽と糸つむぎの音楽会 >>

sandansko oro, Majsko oro


今週と来週の土曜日、埼玉のギャラリーぬくぬくで衣服の展示のついでに少しばかり演奏することになりましたので、バルカン半島、ブリガリアやマケドニアに伝わる変拍子曲を先日皮を張りなおしたフレイムドラム、共鳴弦クレタンリラ、ブラジルのバンドリン、クラシックギターで構成してみました。
いろいろな複合リズムだが、基本は22拍子らしいです。 ややこしいので、メロデイをまるごと憶えるしかないですね。
[PR]
by swaraj | 2017-05-18 21:43 | 音楽制作 | Comments(0)
<< 郊外の空気 6/18中世古楽と糸つむぎの音楽会 >>