<< 1月の予定 床の間の書 >>

ワラのナベ敷きワークショップ

c0158301_17415946.jpg

本日は小川町在住の竹細工職人、フジノさんが材料と指導していただき小川町の自宅で
ワラのナベ敷きつくりのワークショップをおこないました。
まずは一時間ほど水につけておいた稲ワラを板の上でたたく作業、
昔はどこの農村でも冬季にはこの音を響かせていたのでしょう
私ははじめての経験、以外に大きな音がするのだなあと思いましたが、野太い砧(きねのようなもの)を
にぎりしめてぼこぼこ叩くと不思議になつかしい気持ちになりました。
c0158301_17473349.jpg

砧でたたいてやわらかくなった湿ったワラにくるくるまきつけて、
ナベ敷きをつくっていきます、これがなかなか指先に力が要る作業。
c0158301_17492272.jpg

何時間か苦闘の末できましたのがこちら、私がつくったのは左上のちいさいもの
はじっこを平たくしないでヘリをつけていくことで、かわいい入れ物ができるので次はもう一度チャレンジしてみようかな、またこれからのスワラジのワークショップにも今回学んだことを生かしていきたいとおもいます。
[PR]
by swaraj | 2014-01-05 17:53 | ワークショップ | Comments(0)
<< 1月の予定 床の間の書 >>