「ほっ」と。キャンペーン

旅のおわりに

c0158301_00320871.jpg

旅のおわりに

今回の旅もこれでおしまい、あとは荷物を背負って手に入れたリラを持って空港に向かうだけ。

2004年にスワラジを始めてからずっと布に携わる旅を続けてきたので、楽器を手にした旅はずいぶん久しぶりになりました。

子供が生まれ、布の仕事に専念しつつも30代後半くらいから、楽器に費やす時間が徐々に増えてきて、40歳になったのを機に一大奮起して今回の旅を決断した、思えば今までも人生の節目で日常から離れた世界に足を踏み入れる旅(時に踏み外すことも多かった!)は何度か経験してきた、ライフステージや厄年などは昔からいわれているけど、ある程度はあてはまるんじゃないかなとも感じる。
人生の岐路で人はそれぞれ選択を繰り返して歩んでいるわけだけど、ひとつの道を選んだら他の道を否応なしに捨てざるを得ない時だって多いにあると思う。

とにもかくにも突然思い立った今回の旅をあたたかく見守っていただいたみなさま、旅の途中でお世話になったみなさまに深く感謝します。
今回の旅で、肌で感じた世界をこれからの活動でみなさまにお伝えしていけたらと思います、そのツールが衣服であれ料理であれ、音楽であってもクリエイティブな生き方の本質はそんなに違いはないんじゃないかなといつも感じています。
[PR]
# by swaraj | 2017-02-25 00:31 | Comments(0)

アテネに戻って

c0158301_19102668.jpg

c0158301_19102705.jpg

c0158301_19102821.jpg

Arriving at Athens
船底に一晩寝て、ハニアから早朝アテネに到着!
カーニヴァルの最後の金曜日なので、市場がものすごい活気に満ちている、落ち着いたクレタ島から帰ってくるとここはアメ横⁉️というくらいザワザワ活気にあふれている、そして落書きだらけで通りにはホームレスが多い、イスタンブールから降り立ったときは電車はストライキだし、荷物を背負ったまま貧民街に迷い込んで疲労したけど、以前止まったホテルに一時的に荷物を預かってもらい最後の荷造り、今夜のフライトでイスタンブール経由で帰国します。
[PR]
# by swaraj | 2017-02-24 19:09 | Comments(0)

ハニヤの猫

c0158301_01564423.jpg

c0158301_01564438.jpg

c0158301_01564559.jpg

c0158301_01564503.jpg

c0158301_01564633.jpg

c0158301_01564706.jpg

Hania Creta island Greek
船が出るまでの残り時間、ハニヤ(現地の方はハニャという)旧市街を散策、まだ春の観光シーズン前なのでとても静かだ。
北には地中海、南には雄大な雪山が見える
そんなわけで晴れて風がないとすばらしく心地よい気候ですが、雪山からの風はまだまだ早春の冷たい風。
モロッコのメデイアにとてもよく似ていますが、住民はヨーロッパの近代的な生活を送っているので生活感を感じたい旅行者には物足りないかもしれないけど年配や女性の旅行者には快適なのかもしれない。 西陽を浴びて猫が屋根で昼寝している様はなんだかとっても気持ちが安らぐ。
[PR]
# by swaraj | 2017-02-24 01:53 | Comments(0)

ギリシャのローカル食堂

c0158301_20433929.jpg

c0158301_20434005.jpg

Food in Creta Greece.
街を探し回って、やっと一件の食堂を見つけた
私は酒が飲めなくて、肉も多く食べないので庶民的な食堂はありがたい存在だ。 スタッフドトマト(炊き込みご飯のトマト、パプリカにつめたの)はさっぱりした味付けでしっかり煮込まれていてすばらしく美味しかった(3日に1回でもお米が食べられれば生きていけるのだ)
こういった食堂はイスタンブールのようにどこにでもあるわけでないので探すのに少し苦労する。
簡単に食べられるものといえば、ピタパンに串刺し肉、少しのトマト、オニオン、フライドポテトを挟んだ豪快なもの。
安価でおいしいのですが、これが毎日続くと辛い〜
こんなことはだいたい旅の前に予想していたので、今回はお湯沸かし器と乾燥味噌汁、梅干しなどを持参したがこれが今回は大活躍してくれた。
[PR]
# by swaraj | 2017-02-23 20:42 | Comments(0)

素顔のギリシャ

c0158301_03365650.jpg

c0158301_03365754.jpg

c0158301_03365841.jpg

c0158301_03365881.jpg

ギリシャはヨーロッパの国だ、それでもイヌネコがどこでも自由にウロついていたり、OKとか大丈夫!というとき首を横にふるとか(正確には顎を揺らすくらい)。
さあいくぞ!というときはアラビア語と同じヤラと言ったりとか
どことなく中東の雰囲気も残る不思議な国、シーズンオフだからどこでも比較的低価格で宿泊できて空いているけど、これが真夏ともなればヨーロッパからとてつもなくたくさんの観光客が訪れて大変なことになるらしい。

旅行するには9月や5月などが空いていて暖かく海水浴もできていいぞと地元の方は口を揃えていっておられます。
そんなヨーロッパなギリシャですが、ツーリストがいかないようなところだぞ、はるばる日本から来てんだから、食ってけ〜とか
カフェで注文しても、支払いはいらねえよ、などど男前のセリフが出ることもしばしば。 この辺り中東の国に似ているなあと感じます。

そんなわけで、私のギリシャのオススメはシーズンオフで地元の人しかいないような場所なのです。 素顔のギリシャは粋な人がまだたくさんいます。
それでも恐ろしいアテネはなるべく避けたいところだ、失礼だけど、あんなにションベンくさくて落書きの醜い街はみたことがない、とはいえ明日の船でひとまずアテネに向かわねばならぬ。
[PR]
# by swaraj | 2017-02-23 03:34 | Comments(0)